原因別口臭対策

口臭のおはなし」では、口臭が発生するメカニズムと改善方法についてお話しましたが、今回は少し詳しく原因別の口臭対策についてご説明します。

生理的口臭


起床時、空腹時、緊張時、疲労・ストレスを抱えているときなどに発生する誰にでもある口臭です。普段は唾液の抗菌・殺菌作用により口臭は抑えられていますが、唾液の減少によって口の中が乾き、細菌が増殖することで口臭が発生します。

対策

空腹時には水分補給や、食べ物を口に含むことによって唾液の分泌を促します。
緊張時にもこまめに水分を補給したり、ガムを噛んだりしてできるだけ唾液の分泌を促すことが重要です。
また、疲れや体調不良などで免疫力が落ちることによって、細菌が増殖をし、口腔内の細菌が活発になって口臭を引き起こします。日ごろから規則正しい生活を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

病的口臭


歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔などお口の中の原因のほか、呼吸器系や消化器系などの病気によって発生する口臭です。

対策
原因になっている症状・病気を治療することで口臭も軽減・解消されます。
虫歯・歯周病であれば治療を受けて完治させることが先決です。呼吸器系・消化器系の病気も同様で、専門医院で治療を受けるようにしましょう。

 

飲食物や嗜好品による口臭


ニンニクやニラ、アルコールなどニオイの強い飲食物や、タバコなどによって発生する口臭です。このような飲食物や嗜好品による口臭は、時間の経過とともに減少する一時的な口臭です。

対策

臭いの強い飲食物を食べた後やタバコを吸った後に水分を補給したり、うがい・歯磨きをしたりすることで、ある程度は口臭を軽減できます。
時間の経過と共に減少する一時的な口臭ですが、気になる場合は原因になっている飲食物や嗜好品の量を意識して減らすなどの対策をしましょう。

 

小川歯科医院では、唾液検査を受けるとお口の健康状態をグラフで視覚的に確認することができます。お口の状態を視覚的に確認することで更なる改善や予防の意識が高まります。

また、口臭対策については「息さわやか口臭外来」をご覧いただくか、さらに詳しい内容はお気軽にスタッフにお声掛けください。

一覧へ戻る