歯の着色汚れについて

前回の「ホワイトニング」では、ホワイトニングの方法や歯が白くなるメカニズムについてお話をしましたが、今回は着色の原因と対策について説明します。

なぜ歯が汚れるの?


歯に付く汚れの種類は、大きく3つに分けることができます。「歯垢(プラーク)」「歯石」「ステイン」です。
その中でも歯の黄ばみや汚れのほとんどが「ステイン」によるものです。さまざまな食べ物や飲み物に含まれている成分が原因で歯に付着しています。

ステインが着きやすい飲食物・嗜好品


コーヒー、紅茶、日本茶、赤ワイン、カレー、ブドウ類、チョコレート、タバコなど

ステインが付着しやすい飲食物は私たちの身近なものばかりです。毎日の蓄積で着色が目に見えるようになります。しかし、これらの飲食物や嗜好品を口にしないのは難しいことです。

対策


重要なのは、基本的な毎日のお口のケアです。食べた後は歯を磨くことで着色予防になります。すぐに歯を磨けない場合は、口をすすいだり、水を飲んだりするだけでも効果的です。

しかし、毎日のセルフケアだけで完璧に防げるわけではありません。

こで、歯科医院での定期的なクリーニングやホワイトニングをおすすめしております。歯の白さだけでなく、お口の健康も維持することができます。

今回紹介したものだけでなく、着色の原因は様々ですので、着色が気になる方は一度ご相談ください。

詳しくは「予防歯科」「白い歯外来」をご覧いただくか、スタッフにお問合せください。

一覧へ戻る