唾液の働き

唾液には、お口の健康を守るためのさまざまな働きがあります。

●  消化を助ける
●  味を感じやすくする
●  飲み込みやすくする
●  口腔内の粘膜の保護
●  殺菌・抗菌作用
●  再石灰化作用(むし歯を防ぐ働き)

…など。

唾液の分泌量が低下すると、虫歯や歯周病が悪化しやすくなります。また「口臭のおはなし」にも書いたように、口臭の原因にもなります。

保湿剤や口腔感想症状改善薬など、薬剤を使用することもありますが、ご自宅で簡単にできる唾液腺マッサージも大変効果があります。

唾液腺マッサージ


唾液腺の場所

耳下腺(じかせん)へのマッサージ

耳たぶの横辺りの頬に人差し指から小指までの4本を当てます。後ろから手前に向かって円を描くようにマッサージ(10回)します。

顎下腺(がっかせん)へのマッサージ

顎のエラ部分の骨の内側に親指を当て、ゆっくりと押します。親指で押しながら、前方に移動(5回)します。

舌下腺(ぜっかせん)へのマッサージ

舌の付け根の真下に両親指をそろえて当てます。上に向かって押し上げるように(10回)当てます。

 

マッサージ以外にも唾液は、噛むという刺激が脳に伝わることで分泌されます。普段からよく噛んで食べることが重要です。

現在のお口の状況が気になる方は、唾液検査を受けるとお口の健康状態をグラフで視覚的に確認することができます。詳しくはスタッフにお声掛けください。

一覧へ戻る