診療案内

小児歯科

「こわい」「いたい」を感じさせない治療を行っています

子供の歯は大人の歯に比べて表面がやわらかいので、あっという間に虫歯になります。
そこで歯科医院に、ということになりますが、多くの場合子供は嫌がって行こうとしません。そして最後は連れて行くのをあきらめる、となってしまいます。「虫歯になっているのは乳歯だし、どうせ生え変わるから、まあいいか…」という思いもあるようです。
しかし、それは大きな間違いなのです。いずれ生え変わる歯といえども、乳歯は大きな意味を持っているのです。
そんなことにならないように、少し頑張っていただき、一度来院してください。

虫歯の影響

虫歯が進み歯に穴があいていると、そこに食べ物がつまり、痛みが起こります。痛みに対して当然子供は苦痛を感じ、食べ物を飲み込んでしまいます。 成長期に噛むという動作が少ないと、あごや脳の発達にも影響を及ぼしかねません。健やかな成長には、噛むということが非常に大きな意味を持つのです。
次に虫歯を放置して永久歯が生えてくる前に抜けてしまうと、歯並びが悪くなる原因になってしまいます。つまり、本来の生え変わる時期を前にして乳歯が抜けると、隣の歯が抜けたスペースに傾いてきます。十分なスペースがない状態では、永久歯が隣の歯と重なって生え、歯並びが悪くなってしまいます。

虫歯になりにくいお口の環境作り

当院では、お子様をおさえつけて無理やり治療をしたり、麻酔を使っての治療は緊急時以外は行いません。
マスコット等を使用しながら、お子様の恐怖心を取り除き、徐々に治療を行います。もちろん、痛みはありません。
それを何度か行うと、お子様のマイナスのイメ-ジがプラスのイメージになり、無理なく、時には喜んで来院するようになります。(ホントです!患者様の声のコーナーをご覧ください)
治療後は定期健診を行い、虫歯をつくらないようにケアをしていきます。