診療案内

矯正歯科

矯正治療とは

歯が不揃いだったり、上下のあごの歯並びがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。専用の矯正装置を用いて、歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく(うまく)噛めない、言葉が明瞭でなくなる、虫歯になりやすい、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因になる、あごの関節に負担をかける、歯を折ったり、ケガをしやすいなどの原因にもなります。また、見た目には良い歯並びでも、噛み合わせが悪いと顎関節症等の原因になり、肩こりや腰痛などを引き起こすことがあります。
噛み合わせや歯並びで心配なことがある方は、お早めにご相談ください。

不正咬合による主な症状
下顎前突(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている状態です。食べ物がよく噛めないだけでなく、発音もしにくくなります。
上顎前突(出っ歯)
上の歯が下の歯より前に出ている状態です。上の歯が過度に突出している場合、口が閉じにくく、口腔内が常に乾燥し虫歯や歯周炎を起こすことが多くなります。
開咬
奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わずに開いている状態です。食べ物が噛み切れなかったり、正しい発音ができない場合もあります。発症の時期によって治療方法が異なります。
叢生(八重歯・乱ぐい歯)
歯が重なっている状態です。歯ブラシが行き届かず汚れが残りやすくなります。虫歯や歯槽膿漏の原因にもなります。
矯正期間

期間は治療を始めるときの年齢や症例の種類と状態、治療の範囲などによって異なりますが、その人のすべての永久歯が生え揃うまでか、あるいは顎の成長が止るまでが大きな目安になります。
平均的な治療期間については次の通りです。

  • 低学年(7~8歳)で始める場合、治療期間は約6~9年。
  • 小学校高学年(12歳)以上で始める場合(成人の矯正も含む)、治療期間は約3~5年。
  • 歯列の一部を治療する場合、治療期間は約数ヶ月~2年程度です。