診療案内

歯周病治療

早期発見・早期治療 歯を失う前に歯医者さんへ

歯周病とは、歯の周りの組織が歯垢(プラーク)に含まれる歯周病菌に感染し、歯ぐきに炎症が生じて赤く腫れたり、出血したり、時には痛みを生じるさせることもある病気です。
歯の周りの組織である歯周組織は、歯を支えている土台でもありますので、歯周病が悪化していくと、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともあります。 日本の成人の80%以上が歯周病に罹っているといわれ、最近は若い人でも罹る(若年性歯周病と呼ばれています)ようになってきています。
お口の中がネバネバしていて、歯を磨いたりした際に出血する人などは患っている可能性があります。歯を失う前に早期発見・早期治療を心がけましょう。

歯周病の原因

歯周病の原因は、歯ぐきが細菌に感染することです。
私たちのお口の中には、沢山の種類の細菌が生息しています。その中には、虫歯を引き起こす細菌もいれば、歯周病を引き起こす細菌もいます。
この歯周病菌は、ほぼすべての人のお口の中に存在しているので、私たちは歯周病にかかる可能性が常にあります。 けれども実際には、歯周病を患うには、ある程度の数が必要になります。
その際、歯周病菌が増殖するのを手助けするのが歯石です。つまり、歯に歯垢や歯石がたまりだすと、歯周病が増殖して、歯ぐきに炎症を起こし始めるのです。

歯肉炎と歯周炎の違い

歯周病は、大きく2つに分けることができます。それは、歯肉炎と歯周炎です。
歯肉炎は、炎症が歯ぐきにだけに限定されているもので、比較的軽い歯周病とお考えください。 一方、歯周炎になると、炎症が歯ぐきだけではなく、歯根膜や歯槽骨といった歯周組織にまで広がっていきます。ここまでくると、かなり重症化しており、激しい痛みや膿の排出といった症状が現れてきます。 その歯周病ですが、程度によってその症状の段階が変わります。
軽度の歯周病では、歯の表面に存在している歯周病菌によって、歯ぐきに軽い炎症が生じています。赤く腫れた歯ぐきは、普段の引き締まった歯ぐきとは異なりぷよぷよとした状態になっています。これは歯ぐきが刺激に対して、とても弱い状態にあるので、力強く歯磨きをしてしまうと、容易に出血します。歯周病の症状では歯ぐきの出血が有名ですが、それは歯ぐきの炎症が原因なのです。ちなみに、軽度の歯周病は歯肉炎に留まっています。
続いて中等度の歯周病ですが、炎症が歯槽骨にまで広がっていき、歯肉炎から歯周炎へと移行していきます。炎症が歯槽骨にまで広がると、骨が溶け始めていくため、歯がグラグラと揺れることがあります。また、歯ぐきの炎症が強まり、出血も頻繁に起こるようになります。それだけでなく、歯ぐきから膿が出るようになってきます。この膿が原因で、口臭が強くなってくるので注意が必要です。
そして歯周病が重度になると、歯槽骨の破壊がかなり進み、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の治療

①プラークコントロール
歯周病の治療では、患者様にプラークコントロールの重要性を認識してもらいます。その上で、プラークをためこまない方法を指導します。

②歯ぐきの状態を改善
たまっている歯石や歯垢を繰り返し取り除き、歯ぐきの状態を改善します。これは歯周病の基本になる治療です。治療に際して痛みはありません。
具体的に言うと、スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の表面に付着した歯石を除去します。これをスケーリングと呼びます。
歯の根っこの方まで歯石がたまっている場合は、ルートプレーニングという方法で歯石を除去します。

③ミクロレベルでの治療
さらに当院では3200倍という医療用の顕微鏡を使い、肉眼ではわからない細菌の状態を調べます。特定の菌が発見されたら、その菌に特に効果のあるお薬を処方します。
つまり、歯石、歯垢を取るという基本的な治療はもとより、ミクロレベルでの治療も行って歯周病の原因となる菌を減らし、その結果様々なお口の状態も改善していくのです。
こうして歯周病の基本的な治療を行い、それでも症状が改善されない場合には、歯周外科手術を行うこととなります。

④定期的なメインテナンス
その後は、定期的なメインテナンスを受け、歯周病の予防に努めていくことになります。

歯周病を引き起こす要因について

歯周病はさまざまな要因が関与して進行していきます。
基本的には細菌因子、つまり歯垢(プラーク)により最初に引き起こされ、これだけでも歯周疾患は発症します。 そこへ患者様の病気に対する抵抗力などの宿主因子、食生活やストレスなどの環境因子、歯の形態などの局所性修飾因子が関与することにより、疾患の進行を早めるのです。
歯周疾患の原因はプラークに含まれる細菌で、プラークが存在しなければ歯肉炎や歯周炎は起こりえません。 プラーク1mg中にはなんと1億個もの細菌が含まれ、その種類も約300種類におよびます。 そのうちの何種類かが混合感染を引き起こし、歯周疾患が発症するのです。

プラークは大きく分けて2つあり、歯肉縁(歯肉の一番高い部分。歯肉炎と発音は一緒ですが、意味は異なります)より上の部分にあるプラークを歯肉縁上(=しにくえんじょう)プラーク、歯肉縁より下(歯周ポケット内)の部分にあるプラークを歯肉縁下(=しにくえんか)プラークといいます。歯肉縁下プラークは、歯肉縁上プラークから菌が下へと増殖することにより発生し、歯肉縁より下にある菌ほど害をなすものが多くなる特徴があります。また近年、プラークはバイオフィルムとしてとらえられています。
バイオフィルムとは、様々な細菌同士が寄り集まった共同体が粘着性のあるタンパク質ポリマーの基質により包まれている状態をさします。 台所のシンクによくみられるヌメリなどもバイオフィルムであり、自然界に広く存在しています。
バイオフィルムが形成されると、単独の細菌と比べて抗生物質への耐性が約500倍高くなり、免疫細胞に対してもより強い抵抗性を示すようになります。 この状態になると、歯周病を薬(抗生物質)のみで治療することは困難です。 もし薬を使用するのであれば、歯ブラシやスケーラー(プラークや歯石を取り除く器具)によって器械的にプラークを除去した後に用います。
また、歯肉縁上にプラークがこびりついている状態では数ヵ月後に歯周病が再発することになるため、歯周ポケットの中を治療した後も歯ブラシや歯間ブラシなどで歯肉縁上を清潔に保つことが大切です。