フッ素について

フッ素にはむし⻭の発⽣を防ぐ効果があることは知られてきましたが、お⼝の中でどのような働きをしてくれるのでしょうか。
今回は、フッ素の働きや効果的な使⽤⽅法についてご紹介いたします。

フッ素の働き


フッ素には3つの働きがあります。
①再⽯灰化を促進︓再⽯灰化とは、飲⾷するとお⼝の中が酸性になり⻭が溶けて(脱灰)しまったところに、カルシウムやリンを補給し、⻭を元の健康な状態に戻すことです。初期むし⻭を修復する働きがあります。

②細菌が酸を作りにくくする︓⻭みがきで落としきれなかったお⼝の汚れに潜む細菌の活動を弱め、酸が作られるのを抑えます。

③⻭を強くする︓酸に負けないように⻭の質を強くしてくれます。

フッ素の使い⽅


フッ素の使い⽅には以下の様な⽅法があります。
● フッ素が配合された⻭磨きペースト
フッ素には、様々な濃度のものがあります。年齢によって適切な使⽤量や濃度が違いますので注意しましょう。⼦供に使⽤する際は、必ず保護者が仕上げ磨きに使いましょう。
フッ素の効果を⾼めるには、⻭みがき後のう がいはできるだけ少なくしましょう。

● フッ素が配合された洗⼝液
⻭みがき後などお⼝の中を清潔にした後に、決められた容量の洗⼝液⽤いて、お⼝の中全体に⾏き渡るようにうがいをします。

● フッ素塗布
⻭科医院の定期健診などでフッ素を直接⻭に塗ります。乳幼児からフッ素を塗布することができます。

お⼝の中にフッ素が⻑時間とどまることで、より効果を発揮します。
上記のどの⽅法にも共通して、フッ素を使⽤した後は1時間程度は飲⾷を控えましょう。また、就寝前に使⽤するとフッ素が⻑時間⼝の中にとどまるため、とても効果的です。
適切なフッ素の量や、正しい使い⽅がわからない⽅は⻭科医院でご相談ください。

⼩川⻭科医院では、⽇常使いに適したフッ素配合の⻭磨きペーストや洗⼝液を各種取り扱っております。
フッ素が配合された⻭磨き剤は、毎⽇気軽に使⽤することができますので、初めての⽅にはおすすめです。継続した使⽤を⼼がけましょう。
気になる⽅はお 気軽にお問い合わせくださいませ。

参考
テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/prevent/index05.html
公益財団法⼈ライオン⻭科衛⽣研究所 https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/care/05.htm

一覧へ戻る