知覚過敏について

「冷たいもので⻭がしみる、知覚過敏かも…!?」
ところで、どうして知覚過敏になってしまうのか、知覚過敏はどうすれば治るのかご存知でしょうか。
知覚過敏の原因や対処⽅法についてご紹介いたします。

知覚過敏とは


冷たいもので⻭がしみる、⻭みがきをしているときにブラシが当たるとチクっと痛むなどの症状を知覚過敏と⾔います。前回のお⼝の⾖知識「私たちの⻭について」でも紹介しましたが、普段外側に露出してない象⽛質の部分が露出して、刺激が神経に伝わりやすい状態になるため、しみたり痛んだりという症状がでてきます。
冷たいものをよく飲んだり⾷べたりする夏場や、⽔が冷たい冬場に、「知覚過敏かも︖」と感じることが多いようです。

知覚過敏の原因


原因は下記の様に様々です。
● ⾷べ物や飲み物の酸の影 響
● 加齢で⻭茎が下がってきた
● むし⻭や⻭周病の進⾏
● ⼒の⼊れすぎなど間違ったブラッシング⽅法で⻭や⻭茎を傷つけてしまう
● ⻭ぎしりや⾷いしばり …など

知覚過敏をそのままにしておくと…


知覚過敏が悪化してくると、⻭ブラシを当てるだけで痛みが出るため、⻭みがきが不⼗分になります。
そのため⻭に汚れがたまり、むし⻭や⻭周病が進⾏してしまいます。その結果、象⽛質の露出も広がりますます刺激を感じやすくなります。
この悪循環が続くため、知覚過敏を放置しているとお⼝にとっていいことはありません。
気になるときに⻭科医院で相談しましょう。

知覚過敏の対処⽅法


⻭科医院での予防・処置

● フッ素を塗布することで、⻭の再⽯灰化を促して刺激を防ぐ。
● 露出した象⽛質の部分に専⽤の薬を塗ったり、専⽤のコーティング剤でカバーすることで刺激を和らげる。
● ⻭ぎしりや⾷いしばりが原因の場合は、ナイトガード(マウスピース)で⻭や⻭茎への負担をできるだけ減らす。
● ⻭科定期健診で予防・早期に対処する。

セルフケアでできること

● 知覚過敏⽤の⻭磨き粉で継続的なケアを⾏う。
● 歯みがきのときは力を入れすぎないようにして、歯や歯茎への負担を減らす。強く磨きすぎないように歯ブラシの柔らかさを見直してみてもいいでしょう。
歯の定期健診でもブラッシング指導をしています。正しい歯の磨き方を身につけましょう。

参考
テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/trouble/index12.html
Lidea https://lidea.today/articles/452

一覧へ戻る