親知らずについて

親知らずを抜いた話をよく聞くけど、親知らずがもし⽣えてきたらどうしても抜かなければいけないの︖と不安になる⽅は少なくないかと思います。今回は親知らずについてお話します。

親知らずとは


親知らずとは、⼤⾅⻭の⼀番奥に⽣える⻭で、正式な名称は第三⼤⾅⻭といいます。
個⼈差があり、⽣えてこない⼈もいますが、⼀般的には10代後半から20代前半に⽣えてきます。⽣え⽅によっては、お⼝のトラブルの原因になる場合が多い⻭です。

 

親知らずとは

親知らずの⽣え⽅


①正常な⽣え⽅
他の⻭と同じようにまっすぐ正常に⽣えた親知らずは、むし⻭などのトラブルがない限り抜く必要はありません。奥まできれいに⻭磨きをして清潔にしましょう。

正常な⽣え⽅

 

②傾斜した⽣え⽅
親知らずの⽣えてくるスペースが狭いと斜めに⽣えてくる場合があります。
隣の⻭に接触し、間に汚れがたまりやすくなります。⻭みがきもしにくいため⾍⻭や⻭周病になりやすいため、抜⻭をする可能性が⾼くなります。

傾斜した⽣え⽅

 

③⽔平に埋没した状態
親知らずが顎の中で横向きになって、⻭茎に埋まっている状態です。周りの⻭の根や⾻を溶かしてしまったり、炎症を起こしたりすることもあり、抜⻭をする可能性が⾼くなります。

⽔平に埋没した状態

必ずしも親知らずを抜かなければいけないことはありません。
正常に⽣えた場合以外でも、下記の様な例もありますので⻭科 医院で相談をすると良いかと思います。

● 顎の⾻の中に完全に埋まっていて、ほかの⻭にも影響を及ぼしていない場合
● 奥⻭の⼊れ⻭やブリッジの⼟台として利⽤できる場合
● 矯正治療で正しい位置に親知らずを動かすことができる場合
● ⼤⾅⻭を抜かなければならなくなった際に、親知らずを移植できる場合 など

親知らずのケア⽅法


⼝を⼩さめに開き、斜めや横から⻭ブラシを当てて、⻭ブラシを⼩刻みに動かしましょう。また、フロスやタフトブラシを使うと、奥や⻭と⻭の間の狭い部分も磨きやすいのでおすすめです。

ケアをしにくい場合は定期健診などでプロのケアを受け、ホームケアもしっかり⾝につけましょう。
親知らずが気になる場合は、むし⻭などのトラブルになる前に⻭医者さんに相談しましょう。

参考
テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/trouble/wisdom-tooth.html
公益財団法⼈ ライオン⻭科衛⽣研究所 https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/care/04.htm
Club Sunstar https://www.club-sunstar.jp/article/lifestyle/brushing/710/

一覧へ戻る