知っていますか︖「オーラルフレイル」

オーラルフレイルとは


「オーラルフレイル」をご存知でしょうか︖
オーラルは⼝腔の、フレイルは虚弱を意味しており、「お⼝の衰え」のことです。お⼝の衰えは、⾝体の衰え「フレイル」のひとつです。
下記の図は⾝体の衰えの段階を表したものです。オーラルフレイルは「前フレイル」の症状です。
年を重ねるに従って、⾷べこぼしが多くなった、⾷べ物が飲み込みにくくなった、活舌が悪くなったなど、お⼝の少しの変化は気がつきにくいので注意が必要です。

例えば、固いものが噛めない→柔らかいものばかり⾷べる→噛む⼒が低下→⾷欲の低下→⼼⾝機能の低下…というように気が付かないうちに悪循環になり、様々な機能の低下につながてしまいます。

オーラルフレイル

オーラルフレイル セルフチェック


以下の項⽬に⼼当たりはありませんか︖
● ⾷べこぼす
● ⾷事中にむせることが多くなった
● ⾷欲がない
● 柔らかいものを⾷べることが多い
● ⾆が回りにくい
● ⼝が乾く
● ⼝臭が気になる
● ⾃分の⻭が少ない
これらのチェックが多いほど、⾼齢になって⼼⾝の活⼒の低下につながる可能性が⾼くなります。

オーラルフレイルを予防・改善するためには


オーラルフレイルを予防するポイントは以下の2点です。

①お⼝のことに関⼼を持って清潔にする

基本的な事ですが、バランスの良い⾷事をとり、お⼝を清潔に保ちましょう。
⾍⻭や⻭周病の処置、プロケアを受けるなど、かかりつけの⻭科医師に確認してもらうことが重要です。

②お⼝の機能を意識し、維持や改善に努める

噛む、飲み込む、発⾳するなどの動作がスムーズにできるように⼝周りの体操をしたり、唾液腺マッサージをするなど⼝腔機能の維持・改善に努めましょう。
ささいな衰えを軽視しないように、⾃分のお⼝の健康状態を知って早めに対策をしましょう。
⽇本⻭科医師会のホームページにもオーラルフレイルのチェックシートなどがありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オーラルフレイルチェック(⽇本⻭科医師会)http://www.jda.or.jp/pdf/oral_flail_leaflet_web.pdf

参考

⽇本⻭科医師会  https://www.jda.or.jp/enlightenment/oral/
⽇本⽼年医学会 オーラルフレイルを知る https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/publications/other/pdf/clinical_practice_53_4_327.pdf

一覧へ戻る