⻭周病と疾患の関係

前回はお⼝の汚れと全⾝の関係について紹介しました。今回は⻭周病と関わる疾患の関係について少し詳しく⾒てみましょう。

⻭周病と糖尿病
様々な疾患の中でも、⻭周病は糖尿病の合併症のひとつと⾔われており、糖尿病の⼈は糖尿病でない⼈に⽐べて、⻭周病になりやすいことがわかってきました。
また、⻭周病が⾎糖値を下げようとするインスリンの働きを悪くし、⾎糖コントロールが悪くなり糖尿病を悪化させてしまうという報告もされています。
相互に悪影響を及ぼし合っていると考えられるため、⻭周病の治療で糖尿病も改善することもわかってきています。

⻭周病と糖尿病

⻭周病と⼼疾患
⻭周病菌は⾎管を通り、炎症に関連した物質が動脈硬化も促進します。その影響で⾎液が滞り⼼臓病を招きます。

⻭周病と⼼疾患

⻭周病と⾻粗鬆症
⻭周病は⻭を⽀える⼟台である⾻を破壊します。⻭周病も⾻に関わる病気のひとつであり、⾻量が少ないと、⻭を⽀える⾻も破壊が進みやすくなります。

⻭周病と誤嚥性肺炎
⾷べ物と⼀緒に唾液中に含まれる⻭周病菌を誤嚥することで、気管に⻭周病菌が⼊り込み、炎症を引き起こします。嚥下機能の低下によって引き起こされることが多くなるので、特に⾼齢者や免疫⼒が低下している⽅は注意が必要です。

誤嚥性肺炎

⻭周病と早期低体重児出産
妊娠すると⻭ブラシを⼝に⼊れるだけで気分が悪くなったり、⼥性ホルモンの影響で⻭周病になりやすくなるといわれています。
全⾝に回った⻭周病菌は胎盤を通して、胎児にも影響を与えるため、早期低体重出産の確⽴が⾼まると考えられています。⽣まれてくる⾚ちゃんのために、普段以上に⻭周病予防に気を付けることが⼤切です。

⻭周病と早期低体重児出産

⻭周病とメタボリックシンドローム

糖尿病との関係にもありましたが、⻭周病菌には、インスリンの働きを抑えて⾎糖値を上昇させる働きがあります。また、動脈硬化などその他の疾患も密接に関わり合うため、⻭周病はメタボリックシンドロームとも関連性が⾼いと考えられています。

メタボリックシンドローム
ここに挙げたもの以外にも、⽣活習慣病や様々な疾患につながりますので、かかりつけの⻭科医院で定期的な健診を受け、正しい⼝腔ケアを⼼がけましょう。
⻭周病の治療は、早期発⾒・早期治療が⼤切です。

参考
特定⾮営利活動法⼈ ⽇本臨床⻭周病学会  http://www.jacp.net/perio/effect/
公益財団法⼈ライオン⻭科衛⽣研究所  https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/02.htm

一覧へ戻る