インプラントってどんなもの︖

インプラントは⾃分の⻭の様によくかめるなど⽿にしたことがあるかと思いますが、どのような仕組みか知っていますか︖
インプラントがどのようなものか、簡単にですがご紹介します。

インプラントとは


インプラントとは、⾍⻭や⻭周病、あるいはケガをして⻭が抜け落ちたなど、様々な何らかの原因で⻭を失った際に⾏われる治療法です。顎の⾻や体になじみやすい材料で作られています。

基本的な構造は3つのパーツから作られています。具体的には、チタン製のネジ(インプラント体)を顎の⾻に埋めて、⻭根の役割を与えます。また、⻭の頭の部分である⻭冠は、セラミックなどの⼈⼯⻭(上部構造)で覆います。そして、この2つをつなぐアバットメント(⽀台部)と呼ばれるパーツを取りつけます。

インプラントの構造

天然⻭とインプラントを⽐較すると、以下の図の様なイメージです。

天然⻭とインプラントの⽐較

インプラントの特徴


インプラントは⾃然な⻭に⾒える審美性だけでなく、噛み合わせも安定しているので⾃分の⻭の様に噛めるなど機能性も兼ね備えています。
インプラントによってきちんと噛めるようになると、咀嚼能⼒が回復し、なお且つ顎の⾻を健康に保つことにも寄与してくれます。
しかし、治療費が⾼額になったり、外科的な⼿術を必要とするため、治療期間も⻑くなってしまいます。また、特定の病気を持っている患者様はインプラント治療を受けることができない場合があります。
⻭を失った際に⾏われる⻭科治療は、インプラントだけではありません。メリット・デメリットをよく知って、ご⾃⾝に合った治療法を選択しましょう。

インプラントの治療期間


期間は治療を始めるときの年齢や症例の種類と状態、治療の範囲などによって異なりますが、その⼈のすべての永久⻭が⽣え揃うまでか、あるいは顎の成⻑が⽌るまでが⼤きな⽬安になります。
ネジを埋めるインプラント⼿術⾃体は数時間で終わるものの、⼟台が安定するまで3ヶ⽉以上必要になってきます。
治療前のカウンセリングや検査、⼟台が安定した後の⼈⼯⻭の取り付けなども含めると、治療の部位や年齢、お⼝の状態など個⼈差はありますが、最低でも6か⽉は必要となります。
また、むし⻭などの治療と同様に、治療できたら終わりというわけではなく、定期的にメンテナンスを受けていただくことが必要になります。
特に⻭周病はインプラントを⽀える⾻を溶かしてしまう恐れがあり、せっかく⼊れたインプラントを除去したり再⼿術しなければならない可能性があります。
ご⾃⾝の⻭と同様にしっかりとケアを続けることが、インプラントの⻑期安定の秘訣です。

参考
テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/lose/index19.html
公益社団法⼈⽇本⼝腔インプラント学会 http://www.shika-implant.org/qa.html

一覧へ戻る