新⽣活に向けて〜⼝臭〜

前回は新⽣活に向けて、この時期に多い⼝元のお悩みとして、ホワイトニングについてご紹介しました。新しい環境で⾃⼰紹介など⼈前でお話をする機会も多いかと思います。今回は⼝臭について改めてお話します。

⼝臭の原因


⽣理的⼝臭
起床時、空腹時、緊張時、疲労・ストレスを抱えているときなどに発⽣する誰にでもある⼝臭です。普段は唾液の抗菌・殺菌作⽤により⼝臭は抑えられていますが、唾液の減少によって⼝の中が乾き、細菌が増殖することで⼝臭が発⽣します。

病的口臭
歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔などお口の中の原因のほか、呼吸器系や消化器系などの病気によって発生する口臭です。

飲⾷物や嗜好品による⼝臭
ニンニクやニラ、アルコールなどニオイの強い飲⾷物や、タバコなどによって発⽣する⼝臭です。このような飲⾷物や嗜好品による⼝臭は、時間の経過とともに減少する⼀時的な⼝臭です。

ストレスによる⼝臭
ストレスや緊張から 唾液の量が減り、発⽣する口臭です。

⼼理的⼝臭
周りからは気にならないのに、⾃分⾃⾝で⼝臭があると思い込むことがあります。

 

⼝臭の改善⽅法


①お⼝の中を清潔に保つ
お⼝のケアは⼝臭に限ら ず、⾝体全体のケアにもつながります。お⼝が不衛⽣な状態だとお⼝は病気の⼊り⼝になってしまいます。セルフケアだけでは取り除けない汚れもありますので、プロによる定期的なケアを受けましょう。また正しい知識を⾝につけ、毎⽇のセルフケアを⼼がけましょう。

②唾液の分泌を促進
お⼝の乾燥は⼝臭の原因のひとつです。年齢・⾝体状況・服⽤薬剤・噛む回数の減少などにより、唾液の分泌が低下します。よく噛むことを意識することや、唾液線のマッサージが効果的です。

③唾液検査
唾液検査を受けると、お⼝の健康状態をグラフで視覚的に確認することができます。⼝臭の原因だけでなく、⻭茎の状態や、⻭周病などの予防にも繋がります。
また、⾃分⾃⾝で⼝臭が気になっている⽅は、グラフや数値で確認できるため⾃信にもつながります。

⼝臭が強い場合は、⻭周病が進んでいる場合もあります。⼝臭が気になり始めたら、早期発⾒・早期治療をおすすめします。

その他過去のコラム「原因別⼝臭対策」に「息さわやか口臭外来」も具体的な対策をまとめていますので、参考になさってください。
⼀時的なものではなく、⾍⻭や⻭周病など悪くなる前に、定期健診やセルフケアなど普段からお⼝健康に気を付けることが⼤切です。お⼝のお悩みを解消して、⾃信をもって新⽣活をスタートできるといいですね︕

一覧へ戻る