夏に気になるお⼝の悩み︓冷たいものが⻭にしみる

夏になるとよく冷えたジュースやビール、アイスやカキ氷など冷たいものをよく⼝にする機会が増えますね︕
冷たいものをよく飲んだり⾷べたりする夏場や、⽔が冷たい冬場に「⻭に冷たいものがしみる」と感じることが多いようです。


冷たいものがしみる原因のひとつとして「知覚過敏」があります。

知覚過敏とは︖


冷たいもので⻭がしみる、⻭みがきをしているときにブラシが当たるとチクっと痛むなどの症状を知覚過敏と⾔います。普段外側に露出してない象⽛質の部分が露出して、刺激が神経に伝わりやすい状態になるため、しみたり痛んだりという 症状がでてきます。

知覚過敏の原因


原因は下記の様に様々です。
⾷べ物や飲み物の酸の影響
加齢で⻭茎が下がってきた
むし⻭や⻭周病の進⾏
⼒の⼊れすぎなど間違ったブラッシング⽅法で⻭や⻭茎を傷つけてしまう
⻭ぎしりや⾷いしばり …など

知覚過敏をそのままにしておくとどうなるの︖


知覚過敏が悪化してくると、⻭ブラシを当てるだけで痛みが出るため、⻭みがきが不⼗分になります。そうすることでどんどん⻭に汚れがたまり、むし⻭や⻭周病が進⾏してしまいます。その結果、象⽛質の露出も広がりますます刺激を感じやすくなり、知覚過敏が悪化するという悪循環が続きます。

知覚過敏の対処⽅法


⻭科医院での予防・処置

フッ素を塗布することで、⻭の再⽯灰化を促して刺激を防ぎます。
露出した象⽛質の部分に専⽤の薬を塗ったり、専⽤のコーティング剤 でカバーすることで刺激を和らげます。
⻭ぎしりや⾷いしばりが原因の場合は、ナイトガード(マウスピース)で⻭や⻭茎への負担をできるだけ減らします。
⻭科定期健診で予防・早期に対処します。

セルフケアでできること

知覚過敏⽤の⻭磨き粉で継続的なケアをしましょう。
⻭みがきのときは⼒を⼊れすぎないようにして、⻭や⻭茎への負担を減しましょう。鉛筆を持つようにしてペングリップで⻭ブラシをもって⼩刻みに優しく⽑先を動かします。⻭ブラシも柔らかいものがおすすめです。⻭の定期健診でもブラッシング指導をしています。正しい⻭の磨き⽅を⾝につけましょう。


⻭ぎしりや⾷いしばることを意識的に気を付けましょう 。

特に夏はお祭りやキャンプなどのイベントが盛りだくさん︕またお⼦様が夏休みの間は、親⼦そろって普段とは違う⽣活リズムになることも多いかと思います。
規則正しい⽣活をすることは、からだだけでなくお⼝にも⼤切ですので、ゆっくり休息もとって下さいね。

参考
・公益社団法⼈ライオン⻭科衛⽣研究所 https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/03.htm
・kao ディープクリーン https://www.kao.co.jp/deepclean/chikakukabin/

一覧へ戻る