朝起きたときのお⼝のねばつきや⼝臭について

朝起きたとき、⼝の中のねばつきや⼝臭が気になることはありませんか︖⼝の中の細菌の数は、寝ている間に30倍にも増える⾔われています。
これは、寝ている間に唾液の分泌が減少することや、⼝呼吸することにより、⼝の中が乾きやすくなり、⼝の中の細菌にとっては活動しやすい環境になるためです。
唾液には、⼝の中の細菌を洗い流す役割があるので、⼝の中が乾くと細菌が増えやすくなります。これがねばつきや⼝臭の原因になるのです。
では、どのようにケアしたら良いでしょうか。

唾液の分泌量の変化
まずは唾液の分泌量の変化を⾒てみましょう。起きているときと寝ているときでは唾液が減少していることがわかります。
磨き残しは、唾液が減少しているときに細菌が増殖する原因になりますので、寝る前はしっかり⻭磨きをしましょう。

1日の中の唾液分泌量の変化

寝る前の⻭磨きが⼤事
細菌が増えないようにするには、細菌のえさとなる⾷べかすを残さないことが⼤切です。寝る前に丁寧に⻭をみがいて、⼝の中の汚れを取り除いておきましょう。
ブラッシングに加えて、マウスウォッシュを使うと、殺菌成分で⻭をコーティングできるので、より効果的です。⼩川⻭科医院ではさっぱりしてお⼦様でも使いやすい洗⼝液もございますので、スタッフまでお声がけください。

マウスウォッシュ

朝の⻭磨きは起きてすぐ
夜⻭磨きしていても、起きてすぐの⼝の中には沢⼭の細菌がいます。朝起きたらまず⻭磨きをして、寝ている間に増えた細菌を体の中に⼊れないようにしましょう。もちろん、朝ごはんを⾷べた後もしっかり⻭磨きをしましょうね。

規則正しい⽣活を
夜遅くまで⾷べたり飲んだり、疲れてそのまま寝てっしまったり…特に夏休み中など⻑期の休みは⽣活が不規則になりがちです。規則正しい⽣活をして、⾯倒な気持ちに負けず寝る前は必ず⻭磨きをしましょう。

正しい⻭磨きで気持ちのよい朝を迎えましょう︕

参考
・ライオン クリニカ https://clinica.lion.co.jp/yobou/asamade-koukin/
・ライオン システマhttps://systema.lion.co.jp/other/mamechishiki/06.htm
・テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/trouble/index02_02.html

一覧へ戻る