お⼝の撮影⾊々

⻭科医院ではお⼝の撮影と⾔っても、単純に⼝腔内の写真だけでなく、パノラマ撮影・セファロ撮影・CT撮影と様々です。それぞれ、どのようなものなのか、お⼝のどんな情報がわかるのか、それぞれの特徴をご紹介いたします。

⼝腔内写真(お⼝の中の写真)
⼝腔内写真撮影は、現状の把握、診断での活⽤や継続的な変化を記録・管理、患者さんへの説明をわかりやすくするなどの⽬的があります。表⾯的な変化がわかると、モチベーションアップにもつながります。

 

パノラマ撮影
パノラマ撮影とは、お⼝の全体的なレントゲン撮影のことです。⻭の本数や、乳⻭が⽣え変わる時期に永久⻭の確認をしたり、親知らずや⻭ぐきの状態など、お⼝の全体的な状況を把握する際に撮影します。そのため、初診時や定期的な健診の際に、お⼝の状況の変化を⾒るときによく使われます。

 

デンタル撮影
デンタル撮影は、パノラマ撮影だけでは⾒にくい、細かい部分的なレントゲン撮影のことです。⻭と⻭の間の⼩さな⾍⻭や⻭の根の状況、⻭ぐきの中など、さらに細かい変化を部分的にしっかり⾒ることができます。

 

セファロ撮影
主に矯正治療で使⽤する特別なレントゲンで、顔の⾻格を調べるためのものです。
治療前・治療後の⽐較をしたり、 上顎と下顎の位置関係の確認、顔の⾻の成⻑予測など、矯正治療に役⽴てます。

 

CT撮影
CTは顎の⾻の状態を三次元的に状態確認できるので、特に精密な検査に使われます。

主にインプラント治療や、親知らずの確認などに使⽤します。神経⿇痺など⼿術後のトラブルを防ぐためにも重要な検査です。

 

当院では、パノラマ撮影・セファロ撮影・CT撮影が1台で可能なベラビューエポックス3Dを導⼊しております。より少ないX線照射線量で⾼品質画像が得られる、3D画像のためのパノラマX線装置です。
さらに洗練された多彩な画像処理により多⾓的な観察ができますので、的確な診断を⾏うことができます。

なベラ ビューエポックス3D

参考
・Quint DentalGate
https://www.quint-j.co.jp/
・テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index22_05.html
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index09.html

一覧へ戻る