災害時にも⽋かせないお⼝のケア

先⽇の台⾵の影響で避難所で過ごしている地域の⽅もいらっしゃるかと思います。
災害時には⽔が不⾜していることが多く、お⼝のケアにまで気を回せない状況も…。
防災⽤品にも、⻭ブラシなどのお⼝のケア⽤品が⼊っていないことが多いかと思います。しかし⻑い間お⼝が不衛⽣な状況が続くと、全⾝の健康に影響する場合があります。
また、お⼝の衛⽣状態はインフルエンザにもかかわってきます。今年はインフルエンザも早くから流⾏しいるため、狭い空間でたくさんの⼈と過ごす機会が多くなると、感染の可能性も⾼まります。
今回は災害時のお⼝のケアについてまとめました。

防災

⻭ブラシを持っていない場合

まずはお⼝の中に⾷べ物を出来るだけ残さないことが⼤切です。

よく噛んで⾷べる
⾆で⻭の表⾯を掃除する
⾷後に⽔やお茶で⼝の中をすすぐようにする

ティッシュやハンカチなどを指に巻いて汚れを取るのも効果的です。
唾液にもお⼝をきれいにする役割がありますので、唾液腺マッサージで唾液を⼗分に出しましょう。

唾液腺の場所

⽿下腺(じかせん)へのマッサージ
⽿たぶの横辺りの頬に⼈差し指から⼩指までの4本を当てます。後ろから⼿前に向かって円を
描くようにマッサージ(10回)します。

 

顎下腺(がっかせん)へのマッサージ
顎のエラ部分の⾻の内側に親指を当て、ゆっくりと押します。親指で押しながら、前⽅に移動(5回)します。

 

⾆下腺(ぜっかせん)へのマッサージ
⾆の付け根の真下に両親指をそろえて当てます。上に向かって押し上げるように(10回)当てます。

⻭ブラシがある場合

⽔が少ない時の⻭磨き⽅法をご紹介します。
① ⽔に少量(30ml程度)の⽔を⼊れて、その⽔で⻭ブラシを濡らして⻭を磨く
② ⻭ブラシが汚れたらティッシュペーパーなどで⻭ブラシの汚れをふき取り、引き続き⻭を磨く
③ ⻭を磨き終わったら、コップの⽔で⼝をよくすすいでください。

不安が続く中で、お⼝のケアになかなか気が回らないかと思いますが、少しずつ落ち着いてきたら気を付けてみてください。
また、今、災害に合っていない⽅も、⽇ごろから知っておくともしもの時に役に⽴つかと思います。
災害時のお⼝のケア⽅法や健康ケア情報を、下記サイトでわかりやすくまとめてくださっているので、ぜひご⼀読ください。
SUNSTAR「防災にオーラルケア」特設サイト http://jp.sunstar.com/bousai/
⽣活情報メディアLidea「災害時の清潔・健康ケア」 https://lidea.today/articles/915

一覧へ戻る