⼦どもの⻭について

⼦どもの⻭は⽣え変わるからと⾔って、⾍⻭をそのままにしていませんか︖
⾃分のお⼝のことはわかっても、⼦どものお⼝のことでお悩みの保護者の⽅も多いのではないでしょうか。

今回は⼦供の⻭についてご紹介します。

乳歯について

乳⻭仕組み

乳⻭は、⽣後6カ⽉頃から⽣えはじめ、2歳くらいまでに、下の図の様に上下合わせて20本⽣えそろいます。6歳ごろから、永久⻭に⽣えかわっていきます。

乳歯の仕組み

 

乳⻭の特徴

乳⻭は永久⻭に⽐べ、エナメル質も象⽛質も半分の厚みしか無いため、⾍⻭になりやすく、進⾏も早いという特徴があります。そのため、数か⽉で神経に達するような⾍⻭に⾄ってしまうことも。
さらには、⼦どもは⼀⼈で上⼿に⻭磨きができなかったり、⽢いものやお菓⼦を好んで⾷べてしまったり…
これらの条件が乳⻭の特徴に合わさることで、⼦どものお⼝には⾍⻭が好む条件がそろってしまいやすくなります。

 

乳⻭の役割

乳⻭は、永久⻭が⽣えるまでの間、⾷物をかんだり、正しい発⾳をしたり、顎の発育を助けるための役割があります。
さらに⼤きな役割として、永久⻭が正しく⽣えてくるためのスペースを維持するという役割があります。
そのため、乳⻭を⾍⻭の状態で放置したりして早期に失ってしまうと、失った乳⻭の下から出てくる永久⻭の⽣えるスペースが無くなってしまい、⻭並びが悪くなってしまう可能性があります。
お⼦様だけでは⼗分にお⼝のケアをすることができないため、保護者や⼤⼈の⽅の協⼒が必要です。
⻭磨きはもちろんですが、⾷べる物、⾷事・おやつの時間や量などしっかり管理してあげましょう。
⾷事には、⾍⻭になりにくい・⻭にいい⾷べ物などを⼯夫して与えてあげるといいでしょう。

お子様の仕上げ磨き

参考

テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/function/teeth-grow.html

kao
https://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/haekawari/01/

一覧へ戻る