⾒直そう⽣活習慣

みなさん規則正しい⽣活を送れていますか︖

コロナウイルスの影響で外出⾃粛もあり、少し疲れも出てきたのではないでしょうか。⽣活の乱れは、お⼝にも影響があります。

まずは⽣活習慣チェックをしてみましょう。

☑ 1⽇3⾷バランスの良い⾷⽣活ができている
☑ 充分な睡眠をとっている
☑ 間⾷の量や時間、回数をきっちり決めている
☑ 適度な運動ができている
☑ ストレスをうまく発散で きている
☑ ⾷べた後は⻭磨きをしている
☑ 喫煙しない

チェックが少なかった⽅は、⽣活習慣を⾒直す必要があるかもしれません。
免疫⼒が落ちているときに⾵邪をひきやすかったりするのと同じように、お⼝の中も違和感や炎症など症状が出やすくなってしまいます。
⽣活習慣が、どのようにお⼝や⾝体に影響を与えるのでしょうか。

 

偏った⾷⽣活

家にいる時間が⻑くなり、ついついお菓⼦に⼿が伸びていませんか︖
お菓⼦は、⾍⻭になりやすい⾷べ物の特徴(砂糖を含んでいる、⻭にくっつきやすい、⼝に残りやすい、酸性が⾼い)に当てはまるものが多くあります。
バランスの良い⾷事をするとともに、時間や量を決めて楽しみましょう。
また寝る前に⾷べて⻭を磨かずに寝てしまうと、お⼝の中は⾍⻭になりやすい環境になります。寝る直前には⾷べない、⾷べたら⻭を磨くなどの⼯夫が⼤切です。

間食

 

不規則な⽣活

睡眠不⾜、夜更かしをして朝遅くまで起きない、運動不⾜など、⽣活リズムの乱れは抵抗⼒や免疫⼒が落ちてしまい、細菌が
活動しやすいお⼝の環境につながります。
お⼝の中だけでなく、体調も崩しやすくなってしまいますので、規則正しい⽣活を⼼がけましょう。

 

喫煙

喫煙者は⾮喫煙者に⽐べて⻭周病にかかりやすく、悪化しやすいという結果が出ています。

急に禁煙するというのは難しいと思いますので、少しずつ減らすなど意識してみるといいでしょう。

喫煙

 

ストレス

⽇々の学校・お仕事などの疲れや、思うように外出ができなかったり、運動不⾜でストレスが溜まっていませんか︖

ストレスは免疫⼒や抵抗⼒を低下させ、普段元気なときは抑えられている細菌などが抑えられなくなり、⻭ぐきが炎症を起こして腫れたり、⼝臭の原因になってしまいます。

ストレス

また、お⼝のトラブルはお⼝だけにとどまらず、細菌が体内に⼊り様々な疾患を引き起こす可能性もあります。
お⼝と⾝体の健康を維持するため、これらの⽣活習慣を少し意識して、実践できることからはじめてみましょう 。

参考
厚⽣労働省 e-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-011.html

一覧へ戻る