診療案内

予防歯科

悪いところを治すより、悪いところを作らない

皆様の中には、歯の治療は長くかかるというイメージがあると思います。しかし、そこに大きな原因があるのです。
虫歯や歯周病(歯槽膿漏:しそうのうろう)の初期は大きな自覚症状がないので、多くの人はそれに気付きません。虫歯や歯周病が相当進行し、痛みが出て初めて気付く人が多いのです。そこで初めて受診。相当悪くなった状態から治療を始めることになるので、治療期間や医療費がかかってしまいます。そんなことにならないように、虫歯や歯周病ができないようにするのが、予防歯科です。

2~3ヶ月に1回のことなので、年間にしてもわずか数回です。長い目でみると、その方が治療回数も費用もかからずに済むのです。 悪いところを治すより、悪いところをつくらないようにしましょう。皆様もぜひ、予防治療を受けてください。

歯の定期健診

歯の定期検診では、虫歯や歯周病がないかをチェックします。
歯や歯ぐきを目で診たり、器具を用いて触ることで、異常があるかを見極めます。
肉眼ではわからない部分に関しては、歯垢の染め出し液を用いて、磨き残しなどをチェックします。
その結果を元にして、ブラッシング指導も行っていきます。また、歯の表面にたまっている歯垢や歯石は、専用の器具を用いて、綺麗に取り除いていきます。

PMTC

PMTCとは、特殊な器材や薬剤を用いた歯のお掃除で、専門家でなければ行うことができません。多くの場合、歯科衛生士が担当し、患者様自身では取り除くことのできない歯の汚れを除去してくれます。
具体的には、電動の専用ブラシにペーストを塗り、歯の表面の汚れを落とします。歯と歯の間は、デンタルフロスやプラスチックチップなどを用いてお掃除してくれます。最後は研磨ペーストを使って歯面を磨き上げ、歯質を強化するフッ素を塗布して処置が完了します。
PMTCでは、自宅でのブラッシングでは落とすことのできない汚れを除去できます。

1人1人に合ったブラッシング指導

予防歯科では、ブラッシング指導も行います。
PMTCで歯を磨き上げてもらっても、その効果はしばらくすると消えてしまいます。虫歯や歯周病を予防するには患者様自身が正しいブラッシングを行う他ないのです。
正しいブラッシングとは、色々な病気を引き起こしてしまうプラークを、しっかりと取り除ける歯の磨き方を意味します。
歯並びが1人1人で異なるため、ブラッシング指導では、それぞれの患者様に合った歯の磨き方をアドバイスいたします。