赤ちゃんのお口の成長と離乳食

初めての赤ちゃんで離乳食でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、赤ちゃんのお口の成長と離乳食についてご紹介します。

 

ゴックン期(生後5ヵ月~6ヵ月頃)

ゴックン期は、舌を前後に動かして、食べ物を奥に送り込み、ゴックンと飲み込むことを学ぶ時期です。

まだ歯は生えていませんが、下の前歯のあたりの歯茎が硬くなってきています。

おかゆの上澄みやポタージュスープのように食材を滑らかにすり潰したものを食べることができます。

ゴックン期(生後5ヵ月~6ヵ月頃)

 

モグモグ期(生後7ヵ月~8ヵ月頃)

モグモグ期は、食べ物を舌と上あごでモグモグ押しつぶすことを学ぶ時期です。舌で食べ物をまとめて飲み込むことが出来るようになります。この頃に下の前歯2本が生えはじめます。

7倍がゆ、豆腐、ホウレン草やかぼちゃゆでてペースト状にしたもの、舌でつぶせる硬さのものを食べることができます。

モグモグ期(生後7ヵ月~8ヵ月頃)

カミカミ期(生後9ヵ月~11ヵ月頃)

カミカミ期は、上下の前歯4本が生えて、前歯でかじることができるようになり、噛む機能が発達してきます。また、奥の歯茎が固くなってきます。

やわらかめのおかゆや、ニンジンやカボチャなど繊維の少ない野菜を小さくしたもの、ひき肉、バナナなど歯茎でつぶせるくらいのものや、スクランブルエッグのような固さのものを食べることができます。

カミカミ期(生後9ヵ月~11ヵ月頃)

パクパク期(生後12ヵ月~18ヵ月頃)

パクパク期は上下の第一乳臼歯が生え始め、カミカミ期よりも少し複雑な舌の動きができるようになります。また手づかみで色々なものをつかんで食べるようになり、スプーンを自分で持てるようになってきます。食事の回数も、朝昼夕の1日3回になり、大人と同じ時間に食事ができます。おやつを始める時期でもあります。

スプーンで楽に切れるぐらいの固さのもの、前歯でかじり取れるものなど、今まで、歯茎では潰せなかった固さのものも少しずつ噛めるようになり、離乳完了となります。

パクパク期(生後12ヵ月~18ヵ月頃)

お口の成長に合わない固さのものの場合、食べない・吐き出してしまうことがありますので、徐々に柔らかい状態のものから様子を見ながら食べさせてあげてくださいね。添加物や塩分の少ないものを選んであげると良いでしょう。

お口の成長に合わない固さのもの

下記に離乳食のレシピや、妊婦さんに役立つ情報や子育てについてもたくさん載っていますので、参考にして下さいね。

妊娠期からの子育てガイド すくすく☆トライ https://www.city.higashiosaka.lg.jp/kosodate/cmsfiles/contents/0000022/22787/2021sukusuku.pdf

乳歯が生え揃ったら

2歳~3歳ごろにかけて、乳歯が生え揃ってきます。よく噛んでゆっくり食べることを教えてあげてください。よく噛んで食べることは唾液がたくさん出てお口を清潔に保ったり、脳の働きを活発にしたり、発音や表情、味覚の発達にもつながります。

 

また、お口とからだの健康を考えるとともに、誰かと⼀緒に⾷事をしたり、好きなものを⾷べたり、楽しんで⾷事をすることをたくさん経験させてあげてくださいね。

 

参考

ひがしおおさかし 子育て応援なび はっぴースマイル

https://www.city.higashiosaka.lg.jp/kosodate/

 

キューピー 教えて!離乳食のコツ

https://www.kewpie.co.jp/babyfood/advice/katasa/

 

一覧へ戻る