歯の色とホワイトニングについて

面接やイベント、人と話すときなど、ご自身または相手の歯の色が気になったことはありませんか。
食べ物の影響?歯磨きができていない?年齢のせい?など、歯の色の原因は何なのか、歯の色は白くなるのか、気になる歯の色についてご紹介いたします。

元の歯の色は個人差があります

髪の毛や肌の色にも個人差がある様に、歯の色にも個人差があります。人によって歯の色が違うのは、歯の質が違うためです。
歯はエナメル質、象牙質、歯髄(神経)などから成り立っています。
エナメル質の色・透明度・厚さ、象牙質の色などの違いによって歯の色の見え方が異なります。そのため、歯の色にも個人差が出てきます。

歯の構造

歯の着色について

歯の色はご自身の元の色に加えて、何らかの原因で着色・変色している場合があります。

歯の着色・変色の原因

●  コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、カレーやミートソースなどの色素の強い飲食物
●  タバコのヤニよる着色汚れ
●  むし歯の進行による変色
●  むし歯や外傷などにより神経(歯髄)が死んでしまった場合
●  加齢による変色やエナメル質の摩耗 など
歯の着色・変色の原因

変色した歯は白くなるの?

変色した歯が白くできるかどうかは着色の原因によって変わってきます。
虫歯が原因の場合は、まずしっかり治療することが大切です。タバコが原因の場合は、タバコを控える必要があるでしょう。

毎日の飲食、特にお茶類やカレーなどの色素の強い飲食物を食べた場合は、早めに歯を磨くことである程度は落とすことができます。すぐに歯を磨けない場合は、口をすすいだり、水を飲んだりするだけでも効果的です。

しかし、磨き残しなど長期にわたって蓄積された表面的な着色汚れは、歯磨きではなかなか落とすごとができません。そのため、歯科医院でのプロによるクリーニングが効果的です。 お口が健康で、これらの着色を落とした上で、ご自身の元の歯の色をより白くしたい場合は、ホワイトニングが有効です。ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使用して歯を白くする方法です。

歯の色を確認するには

歯科医院でホワイトニングの時や、特に口を開けると見える部分の被せ物を作るとき、歯の色を確認する必要があります。その際に使用するのが、歯の色見本であるシェードガイドと言われる道具です。

このシェードガイドと歯の色を照らし合わせながら、どの色が近いかを確認します。
ホワイトニングの場合は、元の歯の色からどの程度白くするかを確認します。被せ物を作るときは、元の歯と被せ物の色をできる限り近く自然にするために使用します。歯の色が気になる方は、歯科医院で相談してみるといいでしょう。

歯の色見本歯の色の確認

ホワイトニング

先ほども少し紹介しましたが、歯を削らずに専用の薬剤を使用して歯を白くする ホワイトニングという 方法 があります。歯を白くする一般的な方法です。

このような方にオススメ

●  もっと歯を白く、きれいにしたい方
●  もっと若々しい歯の色を取り戻したい方
●  なるべく削らないで歯を白くしたい方
●  結婚式などイベントごとの予定がある方
●  接客業や営業職の方  ・・・など

白い歯

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングのメカニズム1ホワイトニングのメカニズム2ホワイトニングのメカニズム3

しかし、着色の具合やお口の状態、歯の質などによりホワイトニングで歯を白くできる場合と、あまり効果がない場合があります。
また、被せ物が変色してしまった場合は、ホワイトニングでは白くなりませんのでご注意ください。

ホワイトニングの種類はいくつかありますが、小川歯科医院ではホームホワイトニングをご用意しております。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは担当医の指示のもとに、患者さんが自宅で行うことのできる簡単な方法です。

特徴その1 低濃度の薬剤を使うため時間はかかるが、薬剤が深く浸透するため、より白く・長持ちする
特徴その2 透明感のある仕上がり
特徴その3 自宅で好きなときにできる
費用: 片顎20,000 円(税別)
ホームホワイトニングの効果

ホームホワイトニングのステップ

ステップ1  ホワイトニングの説明・歯の表面のクリーニング
ホームホワイトニングについての説明と現在の歯の色の確認をします。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングをします。

歯の表面のクリーニング

 

ステップ2  マウストレーの作製
歯の型をとって、マウストレーを作製します。 完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。
 
ステップ3  ホワイトニングジェルの注入
マウストレーへホワイトニングジェルを注入。1歯あたり米粒ふたつ分を目安にします。

マウストレー

 

ステップ4  マウストレーの装着
ホワイトニングジェルを注入したトレーを装着します。ホワイトニングジェルが歯面全体に行き渡っていることを確認します。
装着時間は医師の指示に従ってください。

マウストレーの装着

 

ステップ5  経過の確認
ホワイトニング効果の経過確認を行ないます。医師に指示された日に来院してください。

経過の確認
※ホワイトニングの効果には個人差があります!
効果の現れ方には個人差があり、早く白くなる方となかなか白くならない方がいます。 歯の質、変色の原因、及びその程度に個人差があるためです。

ホワイトニングができないケース

下記に当てはまる方はホワイトニングができない場合があります。
  妊娠中・授乳中の方
  無カタラーゼ症の方
  重篤な知覚過敏症の方
  重篤な歯周病の方
  歯科診療で用いる材料にアレルギーのある方

※ 虫歯など事前に処置をして健康な状態を取り戻すことでホワイトニングを施術することが可能な場合もございます。詳しくはおたずねください。

ホワイトニングの効果を維持するために

ホワイトニングを行った際に、しっかり注意事項を確認してください。ホワイトニングの効果を出来るだけ長く維持するために、以下の様な事に気をつけましょう。

  数年経過すると徐々に後戻りがおきます
  荒い研磨剤の入った歯磨剤は、歯の表面を傷つけてしまうので使用は控えてください
  定期的なメンテナンス( クリーニング・口腔健康管理) や再度ホワイトニングを行なうことで白さを維持でき、虫歯予防にもなります。

さらに詳しい内容は「白い歯外来」をご覧いただくか、スタッフまでお問合せください。

一覧へ戻る