お口のレントゲンについて

初めての歯科医院に行くと、お口のレントゲンを撮ることがあります。お口のレントゲンからどんなことがわかるのか、安全性は大丈夫なのかなど気にされる方もいらっしゃると思います。
今回はお口のレントゲンについて紹介いたします。

歯科医院の主なレントゲンの種類とその用途

●  パノラマレントゲン

パノラマレントゲンは、口腔内の全体像を大まかに把握することができます。初診時にパノラマレントゲンを撮影することが多このためです。当院では初診時だけでなく、患者様の口腔内の変化を確認・記録するために、年に1度定期健診の時などに撮影をさせて頂くことがあります。
パノラマレントゲンは細かい部分を観察することには向いていませんので、さらに詳細を見たい部分は次のデンタルを使用します。
パノラマレントゲン
 
●  デンタル

デンタルは、小さいフィルムをお口の中に入れて撮影する部分的なレントゲン写真です。隣り合った4歯程度が撮影できます。パノラマレントゲンでは見づらかった部分がより詳細にわかります。
お口のレントゲンでは銀歯などの金属は放射線を通さないので白く写ります。また、虫歯になっている部分は黒く写ります。歯科医師はこのような特徴や経験と知識から、パノラマやデンタルから以下のようなことを観察します。
・被せもので隠れている部分や、歯と歯の間などの虫歯の状態
・歯の根元部分が割れたりヒビが入ったりしていないかなど歯根の状態
・歯周病の進行状況など、骨の状態
・歯の生え変わりや親知らずの状態
・歯の根元などの膿や炎症がないか など
デンタル
 
●  CT(シーティー)

CTとはcomputed tomography(コンピューター断層撮影)の略で、パノラマやデンタルの2次元の平面的な画像とは違い、3次元で立体的にお口の状態を確認することができ、特に精密な検査に使われます。主にインプラントなど外科治療に使われます。
CT
 
●  セファログラム

セファログラム(頭部X線規格写真)は、顔面、頭部のレントゲン写真で、矯正治療を行う際の分析や診断、治療計画の作成や経過観察などに使用します。
矯正治療を行うにあたり、欠かせないものです。
セファログラム

安全性について

歯科医院でレントゲンを撮影するとき、放射線の安全性が気になる方もいらっしゃるかと思います。
下図は、日常生活を取り巻く放射線量を表したものです。歯科レントゲンでの放射線被ばくは、1人当たりの自然放射線日本人平均よりも低く、人体への影響はとても少ないといえます。
身の回りの放射線被ばく

当院では、レントゲンを撮る際には、少しずっしりとしたX線防護エプロンをご用意しています。このエプロンは特殊な加工を施してあり、放射線源(放射性物質)の透過を緩和し、より身体への影響を減らすことができます。
人体に影響なく安全ではありますが、妊娠されている方など特に心配な場合は、お気軽にスタッフまでお声がけください。
レントゲンの撮影

お口のレントゲンの必要性

お口のレントゲンは、初診時は虫歯などお口の痛みや違和感があり来院する方も多く、お口全体を確認するために必要ということを理解していただけますが、治療完了後、お口が健康な場合に「なぜまた口のレントゲンを撮らなくてはいけないの?」という疑問に思う方もいらっしゃいます。
定期健診でお口の状態を確認していますが、歯の根元や歯を支える骨の状態の変化や、被せ物の下に隠れた虫歯など表面からは見えない不具合が見つかることもあります。お子さんの場合は、歯の生え変わる時期には、これから生えてくる永久歯に異常がないかチェックすることができます。
お口の変化を記録することで、隠れたトラブルを確認し、早期に対応することができます。当院では、お口のトラブルがない場合でも、以上の様な理由から定期健診などの際に、年に1回程度お口のレントゲンを撮影させていただく場合があります。

当院のお口のレントゲン撮影について

医療法人小川歯科医院では、パノラマ撮影・セファロ撮影・CT撮影が1台で可能なベラビューエポックス3Dを導入しております。
最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で高品質画像が得られる、3D画像のためのパノラマX線装置です。さらに洗練された多彩な画像処理により多角的な観察ができますので、的確な診断を行うことができます。
ベラビューエポックス3D
詳細は設備紹介ページをご確認くださいませ。

参考
テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index22_04.html

東洋オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/180035

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
http://www.nirs.qst.go.jp/information/news/2013/0729.html

一覧へ戻る