⻭を磨くと出⾎するのはなぜ︖

⻭磨きをすると出⾎したことはありませんか︖
出⾎は気になるものの、痛みがあるわけでもなく、すぐに⾎も⽌まるため、そのままにしてしまう⽅も多いのではないでしょうか︖

しかし出⾎するということは、お⼝の中で何か不具合が起こっているサインです。
このようなサインが出たとき、お⼝の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。⻭茎から出⾎する主な原因を⾒ていきましょう。

⻭周病
⻭磨きやお⼝のケアが不⼗分だと、歯茎と⻭の間に細菌の塊である⻭垢が溜まります。
その細菌は、歯と歯茎の隙間にから侵⼊しようとします。細菌の侵⼊を防ぐために、⾎液が積極的に⽩⾎球を歯茎に集めます。この働きが炎症を引き起こし、⻭⾁炎や⻭周病となります。
この部分は刺激に弱く、⻭磨きなどによって出⾎します。
⻭茎の出⾎と⻭周病は⼤きく関係しており、⻭茎の出⾎の90%以上が⻭周病からといわれるほどです。
⻭周病がひどくなると、⻭茎から膿が出たり、⼝臭の原因にもなります。⻭磨きの時に頻繁に出⾎したら⻭周病が進んでいる可能性があります。

⼒が強い⻭磨き
⻭磨きは適切な⼒でしないと⻭茎を傷つけて出⾎を起こしたり、⻭茎が磨り減り、知覚過敏の原因にもなります。
⼒を⼊れすぎてしまうと、⻭ブラシの⽑先も押し付けられてしまい、汚れを落とすことができません。
適切な⼒で、細かく⻭ブラシを動かして汚れを落とすことが⻭磨きのポイントです。

歯ブラシと歯磨き粉

⾍⻭の進⾏
⾍⻭を放置していると、⾍⻭が⻭の神経まで感染して⻭茎にまで炎症が及びます。
このことが原因で出⾎することがあります。

虫歯の進行

薬や病気の影響による出⾎
⾎をサラサラにする薬や、⾎圧を下げる薬などを飲んでいる場合に、⻭茎から出⾎しやすくなることがあります。また、様々な病気が出血の原因であるこ
ともあります。

薬の影響

ホルモンバランスの変化
娠中はホルモンのバランスが変化します。そのことがお⼝にも影響し、⾍⻭になりやすかったり、⻭周病菌の増殖を促してしまうことも。
妊娠すると唾液が減少するため、唾液の⾃浄作⽤も弱くなり、歯茎から出⾎しやすい環境になってしまいます。
しかし妊娠中はつわりなどの体調の変化もあるため、⻭磨きができない時はうがいをするなど無理のない範囲でお⼝のケアを⾏いましょう。
またかかりつけの⻭科医院で、妊娠中のケア⽅法など相談するといいでしょう。

妊娠中のお口について

⻭周病の項⽬でも紹介しましたが、⻭茎からの出⾎は⻭周病であることが多いので、痛みがないからと放置せず、ひどくなる前に早期発⾒・早期治療が重要です。

参考

テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index_02.html

公益社団法⼈ ⽇本⼝腔外科学会

歯周病だろうか?

特定⾮営利活動法⼈ ⽇本⻭周病学会
http://www.perio.jp/qa/symptom/

一覧へ戻る