年末はお⼝の中も⼤掃除を

年末はお⼝の中も⼤掃除をしましょう︕
過去に何度か永久⻭の磨き⽅についてはご紹介しましたが、今回は乳⻭の磨き⽅についてご紹介します。

乳⻭の基本的な⻭の磨き⽅
⼩さい⼦のお⼝の中は⼤⼈に⽐べてとってもデリケートです。⼤⼈と同じようにゴシゴシしていませんか︖⼦どもが⻭磨きを嫌がる理由の⼀つとして、⻭茎に⻭ブラシが当たって痛いということがあります。
さらに⼦どもは、上唇の裏にある上唇⼩帯という部分が、⻭に近い部分に付いています。この部分にも⻭ブラシが当たると痛みがあり、⻭磨きを嫌がることが多いので、⻭茎同様に⻭ブラシが当たらないように気を付けてあげましょう。

上唇⼩帯

お⼦さんの⻭を磨くときは、⻭茎に⻭ブラシが当たらないように優しく指でガードし、⻭を⼀本ずつ⻭ブラシを⼩刻みに当て、っくり丁寧に磨いてあげましょう。⻭の裏や⻭と⻭の隙間などの細かい部分には、⻭ブラシの先やかかとを使いましょう。

子どもの歯磨き

⼦どもの⻭磨き粉について
「⼦どもの⻭磨き粉はいつから使ったらいいの︖」という質問が多く寄せられますが、ブクブクうがいができるようになれば⻭磨き粉を使い始めるといいでしょう。
フッ素が含まれている⻭磨き粉には、⼦どもの⻭を強くすることができ、⾍⻭から守ることができます。

フッ素の働き
しかしながら、⻭磨き粉はたくさん使えば良いというものではありません。年齢により適切な量がありますので、以下を参考に⻭磨き粉の量を守って使いましょう。

歯磨き剤の量
・⽣後6か⽉(⻭の萌出)〜2歳頃︓切った⽖程度の少量
・3歳〜5歳頃︓5mm以下
・6歳〜14歳頃︓1cm程度
・15歳以上︓2cm程度

また、過去のコラムでも紹介しましたが、お⼦さんが⻭磨きが楽しくなるようなアイテムも取り揃えておりますので、普段の⻭磨きに取り⼊れてあげてみてください。
お⼦さん⽤のフロスやキシリトールタブレット、フッ素⼊り⻭磨き粉と⼀緒に使うと効果的な洗⼝液などもございますので、併せて使⽤するといいでしょう。
⻭みがきが楽しくなるアイテム  https://ogawa-d-c.com/archives/colmun/column54

また、年末年始のお⼝のトラブルは、お近くの休⽇急病診療所などを確認しておくといいでしょう。
休日急病診療所は、休⽇の急な痛みやお⼝のトラブルが起こった場合に、応急的な外来診療を⾏う施設です。
⽇曜・祝⽇や年末年始など、多くの医療機関が休診の際ににご利⽤いただけます。
お住いの地域により診療⽇や内容、時間などが異なりますので、ご注意ください。
⼩川⻭科医院のある東⼤阪市では下記の様になっております。

東⼤阪市休⽇急病診療所
http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000015859.html

年末年始や冬休みを楽しく過ごすためにも、⽇ごろからかかりつけの⻭科医院でケアをしておきましょう︕
参考︓
⼀般財団法⼈⽇本⼝腔衛⽣学会

クリックして201803_fluoride.pdfにアクセス

一覧へ戻る