歯科医院の院内感染対策の取り組み

新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染が気になる昨今。みなさんはどんな感染対策をしていますか?

歯科医院では、歯を削ったり、出血があったり、だ液が飛んだり、またそれらがいろいろな機械や器具を介して感染症を引き起こしかねない場面がたくさんあります。院内に滞在中に患者様が新たに疾患に感染することを「院内感染」といいます。

この院内感染を防ぐために、当院では患者様に安心安全な医療をご提供するための様々な取り組みを行っています。今回は当院の院内感染対策の取り組みについてご紹介いたします。

 

できる限り使い捨てものを使用

手袋やエプロン、紙コップなど滅菌できないものは使いまわしをせず、毎回患者様ごとに新しいものに取り換えています。

使い捨てグローブ

 

診療器具の洗浄・滅菌

診療に使用する器具は、必ず洗浄・滅菌しています。
特にほとんどの場合で使用するミラー、ピンセット、バキュームは、洗浄後に個別にパッキングし、滅菌後は清潔な場所に保管して、使用する直前に開封します。

診療器具の洗浄・滅菌

 

ハンドピース(歯を削る器具など)のメンテナンス

ハンドピースは、先端だけでなく、器具ごと取り外して洗浄・滅菌をしています。
内部が複雑な作りになっており、削りかすや血液、唾液などが内部にも付着し、手洗いでは汚れまで落とすのが難しいため、専用の洗浄・メンテナンス器で、器具の細かな内部も清潔にしております。その後、個別に滅菌パックに入れて滅菌処理をし、患者様ごとに取り換え、使用する直前に開封します。

 

診療チェアの清掃

診療チェアのうがいをする場所は、清潔な水を常に循環さており、患者様ごとに使用後の飛び散りなどをふき取り、チェア周りはアルコール消毒をしています。見える部分だけでなく、水が流れる内部は、うがいした汚れが溜まらないように洗浄しております。

チェア周りの清掃

 

口腔外バキューム

歯を削ったりする際に飛び散る細かな水や粉塵、金属や血液などを吸引して、飛び散りを防ぎ、診療室を清潔に保ちます。

口腔外バキューム

 

超音波洗浄器

手洗いで落としきれない器具の細部の汚れは、超音波による微細な振動によって汚れを落とすことで、より清潔にします。

 

空気清浄機

院内は大型の空気清浄機で、ほこりや花粉、細菌など診療空間を清潔にしています。

清潔な診療室

 

スタッフによる衛生管理

手洗いや患者様ごとの器具の交換・清掃など、スタッフも意識を高く持ち、細かな部分まで衛生管理をしております。マスクや手袋、ゴーグルの着用、注射針や使用済みの器具などの誤刺による事故防止にも細心の注意を払い、スタッフから患者様への感染防止にも取り組んでいます。

患者様に安全な環境で安心して治療を受けて頂くために、これからも院内感染予防に取り組んでまいります。
設備紹介ページでも当院の衛生管理へのこだわりや設備を写真付きでご紹介しております。

一覧へ戻る