⻭医者さんはどうやって⾍⻭を⾒分けるの︖

⾃分のお⼝の中を鏡でよく⾒ても、⼀⾒⾍⻭になっているような感じはないのに、⻭医者さんはどうやって⾍⻭を⾒分けているか不思議に思ったことはありませんか︖
今回は⻭科医師がどのように⾍⻭を⾒分けているのかご紹介いたします︕

 

⾒て確認

まず初期⾍⻭についてですが、初期⾍⻭は健康な⾍⻭に⽐べると少し⽩濁しています。
こちらは、⻭科医師に説明してもらって、健康な⻭と⽐べてじっくり⾒てみるとわかります。
⾍⻭が進⾏すると、⾍⻭の部分が⿊くなったり、⽳があいてしまったり、⾁眼でも確認できます。

初期虫歯

 

触って確認

⻭科医師が先のとがった器具で、⾍⻭が疑われる部分をカリカリこすってみると、⾍⻭になっている部分は引っかかるような感触があります。
⾍⻭になっている部分が引っかかりを感じるのは、⻭が⾍⻭によって柔らかくなっているためです。

 

患者さんからのヒアリング

お⼝の状態をお聞きします。どの部分がどんな時に痛みが出る、しみるなどをお聞きし、お⼝の検査をする際にその部分を念⼊りにチェックして原因を探す⼿掛かりにします。

 

う蝕検知液での確認

う蝕検知液という⾍⻭を染め出す液体で、どこまで⾍⻭が進⾏しているのかを確認します。

う蝕検知液

 

レーザー光での測定

「ダイアグノデント」と呼ばれるレーザー機器で反射光を読み取り、⾍⻭の進⾏状況を検知し、数値化ます。⻭と⻭の間などの⾒えにくい部分の⾍⻭も、早期に⾒つけられます。

 

レントゲン検査

お⼝のレントゲンから、表⾯からは⾒えない⻭と⻭の間や、被せ物・詰め物の下に隠れている⾍⻭を確認します。

レントゲンで検査

このように⻭科医師は専⾨的な知識や経験と、患者さんの⻭の⾊や硬さ、精密な検査など様々な確認⽅法を組み合わせて⾍⻭を⾒つけ出します。
⾍⻭の初期段階では、ご⾃⾝で⾍⻭を⾒つけることは難しいです。また被せ物・詰め物の中や、⻭と⻭の間で進⾏している⾍⻭は、症状が出ないと⾁眼ではなかなか発⾒できません。症状が出てしまった段階では、⾍⻭が進⾏しています。
早い段階で⾍⻭を発⾒できた場合は、削らなくても治療できる可能性があります。
⾍⻭が進⾏するほど、⻭を削る量が多くなったり、ご⾃⾝の⻭を失う可能性が増えてしまいます。

また、初期⾍⻭に⽐べて治療期間も⻑く、治療費もかかります。
そのためには⻭科定期健診で、悪くなる前に早期発⾒・早期治療が重要です。

一覧へ戻る