日本人はお口に対する意識が低い?

 

歯科医院は、「歯に痛みや違和感などの症状が出てから行く」というところから、「悪くなる前に予防のために行く」という場所へと徐々に変わりつつあります。

日本でも歯科検診を受診している人の割合は徐々に増えています。

過去1年間に歯科検診を受けた者の割合の年次推移

厚生労働省 平成28年国民健康・栄養調査結果の概要より

しかし、定期検診やクリーニングの受診率は他国に比べると低く、スウェーデンやアメリカではオーラルケアに対する意識が高いという調査結果が発表されています。

日本の歯科医院へ行く目的として最も多いのは「治療」、欧米で最も多いのは「歯の健康診断」というように大きく違いが出ています。

その差から、70代でご自身の歯が何本残っているのかという調査結果でも日本は16.5本、スウェーデンは21本というように大きな差が出ています。

70代の残存歯数の違い

日本では自己流でしっかり歯を磨いているから大丈夫と感じている方も多く、その磨き残しから虫歯になってしまうことも。それぞれ歯並びや、歯磨きの癖が違うため、歯ブラシが当たりにくく磨き残しがある場所も違います。また、磨き残した汚れを放置しておくとどんどん蓄積されて口臭がひどくなったり、むし歯や歯周病の原因・悪化につながったりしてしまいます。

これらを解決するには、ご自身でのセルフケアと、歯科医院でのプロによるケアが重要です。

 

当院の歯科定期健診では、以下のことを行ています。

歯がしみたり歯茎に違和感が無いかなど、お口の状態のヒアリング

むし歯や歯周病、お口の粘膜の状態の確認

歯磨き指導

歯科衛生士によるお口のクリーニング

 

かかりつけにしている病院や医師と同じように、信頼して気軽に相談できる「かかりつけの歯科医」をもち、長期にわたる健診や管理をおすすめしております。

 

しかし歯科医院は「苦手・嫌い」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

近年、治療技術の進歩によりこのイメージも当てはまらなくなっています。当院を含め多くの歯科医院では、できる限り痛くない治療を実践していますので、悪いところは早期にしっかり治して、定期的な検診やクリーニングでご自身のお口の健康を維持しましょう。

 

参考

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html

LION     https://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/pdf/2014050.pdf

LIONクリニカ https://clinica.lion.co.jp/yobou/new.htm

 

一覧へ戻る