ドライマウスについて

ドライマウスとは、口腔乾燥症とも言われ、様々な原因で唾液の分泌量が減って口が乾燥する症状のことです。
まずはドライマウスセルフチェックをしてみましょう。








ひとつでも当てはまればドライマウスの可能性があるかもしれません。

ドライマウスの影響


初期段階では口の渇きによる粘つき、食べ物が飲み込みにくい、口臭が気になる、虫歯や歯周病になりやすいなどの症状が見られます。
重症化すると、喋りづらかったり口臭が気になったり、また舌のひび割れや、その影響による舌の痛みがでることもあります。
また、唾液の機能が下がり細菌が繁殖し、お口のトラブルだけでなく、全身に影響してきます。

唾液の役割

●  抗菌作用 : 虫歯や歯周病などお口のトラブルだけでなく、口からの細菌感染を防ぐ
●  消化作用 : よく噛み、唾液をたくさん出すことで、飲み込みやすくしたり消化しやすくしたりします。
●  粘膜保護作用 : 口の粘膜を保護する。唾液が少なくなると口の中が傷つきやすくる。
●  中和作用 : 食事をした後は口の中が酸性に近づきます。唾液がこれを中和してお口の健康を守ります
●  修復作用 : 歯の再石灰化や口の中の傷を治りやすくします。

ドライマウスの原因


ドライマウスの原因は様々です。

ストレス、薬の副作用、糖尿病や基礎疾患、加齢や筋力の低下などの身体的変化、口呼吸している、飲酒や喫煙などがあります。

改善方法


●  口の潤いを保つ : こまめな水分補給を。乾燥する季節には部屋の湿度に注意したり、マスクの着用も効果的です。
●  よく噛む : 唾液は噛むことで脳に刺激が伝わり、分泌されます。噛み応えがある食材を意識して食べるとよいでしょう。ガムをかむのも効果的です。
●  喫煙や飲酒をひかえる : 喫煙や飲酒は唾液の分泌を減らしてしまう原因になるので、できるだけひかえましょう。その他生活習慣も見直しましょう。
●  唾液腺マッサージ : 唾液の分泌を促すために、唾液腺マッサージが効果的です。マッサージ方法は唾液の働き で紹介していますのでご確認ください。

口の渇きがひどくなる前にかかりつけの歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。

参考
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20150227/mul/00m/100/00900sc
Lidea https://lidea.today/articles/775
日歯8020テレビ http://www.jda.or.jp/tv/91.html

一覧へ戻る