むし歯について

「むし歯」という言葉はよく知っていますが、どうしてむし歯ができるかご存知でしょうか?
また、むし歯をそのままにしておくとどうなってしまうのか、むし歯の予防方法やどんな治療方法があるのかなど、意外と知らないことがたくさんあります。今回はそんなむし歯についてお話します。

むし歯とは


むし歯は、お口の中にいる細菌が糖分を餌にして酸を作り出し、それによって歯が溶ける病気です。
むし歯の原因には「細菌」「糖分」「歯の質」の「3 つの要素」があります。この3 つの要素が重なり、時間が経過するとともにむし歯が発生します。

むし歯ができるまで


主にむし歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です。ミュ―タンス菌は、私たちが食べたり飲んだりしたものに含まれる糖分を栄養にして増殖します。

ネバネバした物質を出し、それが細菌の塊となります。これが増えて歯の表面にこびりついた汚れが、プラークと呼ばれる歯垢です。

さらに糖分を取り込んで、酸が作られます。酸が歯を溶かし、むし歯ができます。初期段階では痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出たり、さらには歯を失うことになるかもしれません。それだけではなく、細菌が全身に回って様々な病気につながることもあります。

むし歯の状態と症状


歯科検診や歯医者さんで「C1(シーワン)」など耳にしたことはありませんか?これはむし歯の状態を段階的に示したものです。初期段階で発見することにより、歯を長持ちさせることができます。段階的なむし歯の状態を見てみましょう。

C0(シーオー):歯の表面が少しだけ溶けた状態で、表面が白く濁ったり薄茶色に見えたりする。自覚症状なし。かなり初期段階であれば、正しい歯磨きや再石灰化の働きによって、健康な状態に戻る可能性があります。

C1(シーワン):むし歯の初期段階で、歯の表面に少し穴が空いている状態。歯の一部が黒っぽくなっている場合があります。痛みを感じないことが多い。

C2(シーツー):むし歯が歯の内部にも広がっている状態。冷たいものがしみたり、噛むと痛みを感じることがある。

C3(シースリー):むし歯がさらに広がり、神経まで進んだ状態。何もしなくても痛みがある。神経の治療が必要になる。

C4(シーフォー):歯の根元だけ残った状態で、神経は死んでしまい、痛みを感じなくなる。神経が化膿して口臭の原因にもなったり、炎症を起こすことも。歯を抜かなければならないこともある。

次回は引き続きむし歯について…治療方法や、予防方法をご紹介いたします。

参考
テーマパーク8020(日本歯科医師会)  https://www.jda.or.jp/park/trouble/index02.html
Lidea https://lidea.today/articles/508

一覧へ戻る