⻭に良い⾷べ物の選び⽅

前回は⾷育についてお話ししましたが、具体的にどのような⾷べ物が⻭に良いのでしょうか︖
まずは虫歯になりやすい食べ物、虫歯になりにくい食べ物の特徴を見てみましょう。

⾍⻭になりやすい⾷べ物の特徴︓⾷べている時間が⻑い、砂糖を含んでいる、⻭にくっつきやすい、⼝に残りやすい、酸性が⾼い
具体的には、ガムやキャラメル、アメ、ジュース、チョコレートなど

⾍⻭になりにくい⾷べ物の特徴︓⾃然の⽢み、噛み応えがある、⾷べかすが残りにくい
具体的には、りんごやサツマイモ、にぼし、チーズ、煎餅など

しかし、⾍⻭になりやすいからといって⾷べてはいけないわけではありません。逆に⾍⻭になりにくいからと⾔って、そういった⾷材ばかり⾷べればいいというわけでもありません。
⾷事は楽しみながら⾷べることが⼀番です。両⽅を組み合わせて、栄養バランスも考えながら⾷べることが重要です。

お⼦様が⼩さい場合は⽢いものを覚えると、どうしてもぐずってしまうことがあります。砂糖ではなく、キシリトールを⽢味料に使ったお菓⼦もありますので、そういったものを組み合わせると無理なく、楽しみながら続けることができるでしょう。

また、⾍⻭になりにくい⾷べ⽅のポイントを押さえておきましょう。

⾍⻭にならない⾷べ⽅のポイント

①ながら⾷べはやめましょう
テレビを⾒たり遊んだり、何かをしながら⾷べると、⾷べ物が⼝に⼊っている時間が⻑くなります。⾷事の時は⾷べることに集中して、⾏儀よく正しい姿勢で⾷べることでしっかり噛むことができます。

②規則正しい⾷⽣活を意識しましょう
⾷べる回数が増えると⾍⻭のリスクも増えてしまいます。⾷べていない間は、唾液が⻭を修復しています。規則正しい⾷⽣活をしましょう。お⼦様がいる⽅は、⼤⼈がしっかりと⾷事の時間や回数をコントロールしてあげましょう。

③よく噛んで⾷べるようにしましょう
⾷べ物をゆっくりとよく噛むと、顎や⻭が丈夫になるとともに、唾液の分泌がよくなり、消化を助けます。⼦どもも肥満になったり、後の⽣活習慣にもつながりますので、ゆっくりとよく噛むことを習慣づけましょう。
⾷べ物を⼀⼝⼊れたら、お箸を置いて噛むようにするといいでしょう。

参考
⽇本⻭科医師会 http://www.jda.or.jp/pr/pdf/asahiruban/asahiruban_vol43.pdf
8020推進財団 https://www.8020zaidan.or.jp/pdf/kenko/syokuiku.pdf

一覧へ戻る