⼩児矯正と成⼈矯正

近年では様々な矯正装置が登場し、周りに矯正治療をしている⼈も増えてきました。しかし矯正治療といっても、⼩児矯正と成⼈矯正では⽬的や使⽤する装置などが⼤きく違います。

⼩児矯正と成⼈矯正についてご紹介します。

⼩児矯正について

⼩児矯正の⽬的は、顎の成⻑期に治療を⾏うことで、適切な顎の発育・機能を獲得することが⽬的です。顎の成⻑を正しく導くことで、きれいに永久⻭がはえるようにします。
⼦供の⾻は柔らかく、⻭を動かしやすいため抜⻭の可能性が少なくなります。
しかし、成⻑に合わせて様々な装置に変わったり、取り外しができる装置もあるため、矯正装置を装着する時間など保護者の協⼒が必要です。

小児矯正

成⼈矯正について

成⼈矯正は、悪くなった⻭並びをきれいに整える治療です。
⾒た⽬はもちろん、かみ合わせが整うことでしっかり噛めるようになったり⻭磨きがしやすくなったりなどのメリットがあります。
しかし、⼦供の顎と⻭違い、顎の成⻑は⾒込めないため、抜⻭が必要になることも少なくありません。
矯正装置によっては、痛みや違和感、⾒た⽬が気になるものもありますが、マウスピース型の⽬⽴たな く違和感も少ない矯正装置など、お⼝の状態やライフスタイルに合わせたものを選択することができます。

マウスピース矯正のさらに詳しい内容は特設ページ(https://ogawa-d-c.com/invisalign)をご覧ください。

マウスピース矯正

治療期間について

治療期間は個⼈差があります。
⼩児矯正は、顎の成⻑を利⽤するため、成⻑に合わせて数年かかります。
成⼈矯正は、部分的な矯正治療では1年程度で終わる場合もありますが、全体的な治療になると1〜数年かかる場合があります。

矯正治療はじめる前に

⼩児・成⼈矯正共に、前提としてお⼝が健康であることが重要です。矯正治療をはじめる前に⾍⻭や⻭周病がある場合はしっかり治してから矯正治療を開始します。
矯正治療中に⾍⻭になってしまうと、装 置や⾍⻭の状況によっては、⾍⻭の治療のために矯正治療を中断しなければいけないこともあります。
また、矯正装置を正しく装着しないと、満⾜のいく治療結果が得られない可能性があります。
このように、矯正治療は患者さん⾃⾝の協⼒が必要です。せっかくきれいになった⻭並びですので、⾍⻭や⻭周病にならないうにしっかりケアを続けて健康なお⼝を維持しましょう。

参考
公益社団法⼈ ⽇本臨床矯正⻭科医会

治療期間はどれくらいですか?

一覧へ戻る