インプラントもケアが大切

インプラント

インプラントは、「第二の永久歯」と言われ、ご自身の歯と同じ感覚で噛むことができます。

インプラントは、虫歯にも歯周病にもならないから安心、と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?実はインプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病(インプラント歯周炎)になるんです。

せっかくのインプラントを長く使っていくためには、ご自身の歯と同様にケアが非常に重要です。

今回は、インプラントのメンテナンスについてご紹介いたします。

 

インプラント歯周炎とは

インプラント治療後にメンテナンスを怠ると、インプラント周囲に付着した磨き残し等の汚れに歯周病菌が棲みついて炎症が起こります。初期の段階では、歯肉の腫れや出血が見られ、症状が進行すると、インプラントを支えている顎の骨が溶け、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまいます。

これはインプラントに限らず、天然歯の歯周病でも同様です。

インプラント歯周炎

 

インプラントを長持ちさせるために

インプラントは、ご自身の歯と同様に、きちんとメンテナンスをすれば長持ちさせることができます。

 

歯科医院での定期的なメンテナンス(プロケア)

定期メンテナンスでは、インプラント周囲のプラークを専用の器具を使ってきれいにします。ご自身の歯もきれいにして、清潔な口腔環境を整えます。

クリーニングに加えて、インプラントにぐらつきがないか、噛み合わせに異常はないか、負荷がかかっていないか、きちんと歯磨きができているかなど、インプラントを快適に使えているか確認します。

歯科定期健診

 

家庭でのセルフケア

ご自身の歯と同じく、インプラント念入りなケアも欠かすことができません。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシや、細かい部分を磨くポイントブラシなどを使って、インプラントの周りを入念にケアしましょう。

歯ブラシの種類

 

インプラントを長く使って頂く為には、継続したメンテナンスで、お口の健康を維持することが大切です。インプラント歯周炎は、初期段階では痛みなどの症状もなく気が付きにくいため、早期発見が大切です。インプラント治療をしたけどケアができていない方やインプラントをお考えの方も当院にお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る