できるかぎり歯を残す「根管治療」

当院では、悪いところをなおすより、悪いところを作らない予防歯科をはじめ、すぐに削ったり抜いたりせずにご自身の歯を出来る限り残す治療を行っています。

その中でも、神経にまで達した虫歯を治療する「根管治療」は、歯を長持ちさせる為に欠かすことのできない治療です。当院ではマイクロスコープを導入し、さらに精密な治療ができるようになりました。

今回は当クリニックの根管治療についてご紹介します。

自分の歯を残すことの大切さ

まず根管治療の前に、ご自身の歯がなぜ大切なのかということですが、歯は、食べたり、喋ったり、表情を作ったりなど生活のあらゆるシーンで活躍しています。ご自身の天然歯は人工歯に比べて、噛み心地を敏感に感じたり、自然な見た目や身体への影響など様々な機能が備わっています。

また、歯は治療することは出来ますが、一度削ったり抜いたりしてしまうと、元通りに戻すことはできません。そのため、すぐに削ったり抜いたりせずに、できるだけ歯を残し、お口のトラブルが再発しないようにしっかり治療・予防することが大切です。

 

根管治療とは

根管治療は虫歯治療の1つです。虫歯が進行し、神経にまで達し他場合に歯を抜かなければならない事態を防ぐため、歯の根の中をきれいに洗浄・殺菌し、できる限り歯を残すための治療です。

根管治療

しかし歯の根の中は複雑で、肉眼では歯の中が見えないため、根管治療は難しい治療と言われています。

また、歯の根の中に細菌が残っていると、虫歯が再発してしまうことも。

虫歯治療は進行すればするほど、治療には長い期間がかかることがあります。そのため、中には痛みが治まったら途中で治療をやめてしまう方もいて、最終的には歯を抜かなければならなくなる場合もあります。そうならないためにも、ご自身の歯の大切さを理解し、あきらめずに治療を続けましょう。

 

当院の根管治療

当クリニックでは、根管治療の成功率を高めるために、これまで拡大鏡の使用やレントゲン・CT撮影などに加え、マイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を導入しました。

マイクロスコープ

マイクロスコープを使うことで、拡大視して患部の状態を正確に捉えながら治療を進めることができるため、より正確な治療ができるようになり、虫歯の再発のリスクを減らすことが可能になりました。さらに痛み・出血の軽減、必要以上に健康な歯質を削ることを防ぐ、治療時間の短縮など、お口の健康を維持しながら患者さんの負担も抑えることができます。

 

治療後もメンテナンスが大切

お⼝のチェック

治療後も、定期健診やご自身でのケアなどメンテナンスが大切です。一度治療をしたら虫歯や歯周病にならないわけではありません。特に治療をした歯は念入りに、しっかりメンテナンスをすることで、トラブルの再発を防ぎ、長く使うことができます。悪いところを作らないことが、いつまでも健康な歯で好きなものを食べたり、はきはき喋ったり、生活の質を保つだけでなく、治療の時間や費用、通院などの負担を減らすことができます。

しっかり治療し、健康な歯を1本でも多く守るためにもお口のメンテナンスを継続しましょう。

一覧へ戻る