⼊れ⻭も定期健診が必要︖

⼊れ⻭を⻑いこと使っていると、⾷べ物が噛みにくくなったり、⼊れ⻭が当たる部分が痛くなったり、外れやすくなったりした経験はありませんか︖
実は⼊れ⻭も定期的に健診をして、ご⾃⾝のお⼝の状況に合うように調整する必要があることをご存知でしょうか。
なぜそのような必要があるのか⼊れ⻭についてお話します。

⼊れ⻭ってどんなもの︖

⼊れ⻭は、何らかの理由で⻭を失ってしまったり、もとから⻭の本数が少なく隙間が空いていたりする場合に⻭を補う装置のことです。⾷べ物を噛んだり、⾒た⽬を良くしたり、発⾳を改善したり、お⼝の⾒た⽬や機能を改善させます。

⼊れ⻭の種類

部分⼊れ⻭や総⼊れ⻭、その中でも保険適⽤のものと、保険適⽤外の⼊れ⻭があります。
保険適⽤の⼊れ⻭は、⻭科⽤プラスチックでできており少し厚みがあるが、費⽤が抑えられたり、製作期間が短く修理しやすかったり、という特徴があり保険適⽤外の⼊れ⻭は、⽐較的⾼額で、⽐較的製作期間もかかりますが、⾦属やシリコンなど様々な素材から選択でき、審美性や機能性を追求できます。
また厚みも保険適⽤のものと⽐べて薄く、かみ⼼地や熱伝導にも優れた⼊れ⻭を作ることができます。

⼊れ⻭のお⼿⼊れ

⼊れ⻭も⼿⼊れをしていないと、⼊れ⻭に着いた汚れからにおい物質が作られ⼝臭につながります。
また、⼊れ⻭の周囲の⻭が⾍⻭になったり、お⼝の粘膜が炎症を起こしたりしてしまします。⼊れ⻭も⻭ブラシで磨いたり、洗浄剤で洗い、清潔に保ちましょう。寝ている間は細菌が溜まりやすくなるため、⼊れ⻭は外しておきましょう。そしてお⼝の粘膜や⻭を休ませてあげましょう。

⼊れ⻭の検診について

⼊れ⻭は使⽤している間に、⼈⼯⻭が磨り減ったり、部分⼊れ⻭などの場合は⾦具が緩んだりしてしまします。
また⼊れ⻭だけでなく、お⼝の状態も年齢と共に変化していきます。⻭⾁が痛くなったり、⼊れ⻭が安定しなか ったり噛みにくくなったり…⼊れ⻭が合わないといったことが起こってきます。そのため、⼊れ⻭で快適に過ごしていただくためには定期健診が必要なのです。
⼊れ⻭だけでなくご⾃⾝のお⼝の変化も定期健診でしっかり確認して、⼊れ⻭と上⼿に付き合いましょう。

参考
公益財団法⼈⽇本⻭科医師会
https://www.jda.or.jp/dentist/program/pdf/siryoall.pdf
公益財団法⼈ライオン⻭科衛⽣研究所
https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/care/03.htm
公益財団法⼈⽇本補綴⻭科学会
http://hotetsu.com/p2_01.html

一覧へ戻る