プラーク(歯垢)について

よく耳にするプラークとはどんなものかご存知ですか?「歯垢」という方が聞きなれている方も多いかもしれません。

プラークがお口にどんな影響を与えるのか、また⻭⽯との違いは何かなどよく知り、効果的なケアでお口の健康を維持しましょう。

 

プラークとは?

⻭垢(プラーク)とは、⻭の表⾯に付着する⽩⾊や⻩⾊っぽい柔らかい物質です。これらは細菌の塊で、1mgの⻭垢には約10億個の細菌が存在していると⾔われています。

プラークは目に見える部分(歯肉縁上プラーク)だけではありません。歯と歯茎の隙間にも蓄積されます(歯肉縁下プラーク)。

歯肉縁上プラークは、確認できますが、歯肉縁下プラークは歯肉の下に隠れていますので、肉眼で確認するのは困難です。

歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

プラークは柔らかいため、⻭ブラシで磨くと落とすことができます。しかし歯肉縁下プラークの様に見えない部分に付着すると、ご自身でもケアは難しいかもしれません。

磨き残しなど取り除けなかったプラークが蓄積し、唾液の中のミネラルと結合して⽯灰化して固まって2日ほどで「歯石」になります。

歯石は硬く、歯ブラシで磨いただけでは取れないため、放置するとさらに蓄積していきます。

プラークや歯石は細菌の塊です。蓄積していくと口臭や虫歯、歯周病などお口のトラブルの原因・悪化につながります。歯石を取り除くためには、歯科医院でのプロによるケアが必要です。

 

プラークがつきやすいところ

プラークは、歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯が重なり合ったところ、奥歯のかみ合わせや歯の裏側などにつきやすいですので、歯を磨く時に少し意識してみるといいでしょう。

プラークがつきやすいところ
 

歯石がつきやすいところ

上の奥歯の外側や、下の前歯の裏側など唾液腺に近い部分は唾液の成分の影響で歯石が付きやすい傾向にあります。

歯石がつきやすいところ

 

 

プラークの付着を予防するために

プラークを付着させないためには、毎日の正しい歯磨きが大切です。食べたら歯を磨くことを心がけましょう。

歯ブラシだけでは磨きにくい歯と歯の隙間は、フロスや歯間ブラシなどを上手に利用することでしっかり取り除くことができます。歯ブラシやフロスなどの正しい使い方は、歯科医院での歯磨き指導でしっかりマスターしておきましょう。歯科での定期健診では、ご自身の歯並びや磨き方の傾向から、磨き残している部分を知ることもできます。その部分を意識して磨くことで、プラークの付着を減らすことができるでしょう。

それでもプラークを完全に落とすことは難しいですので、かかりつけの歯科医院をもち、長期にわたる管理をおすすめしております。

歯磨き指導

 

⻭⽯を取ったら、⻭の隙間が広くなってしまった︕

お⼝の定期健診など普段から⻭科医院に通っていない⽅が、久しぶりに通院した際に⻭⽯取りを⾏うと、⻭と⻭の隙間が広くなって⾷べかすがよく詰まる︕⻭茎が下がったような気がする︕などをよく⽿にします。

しかし、これはお⼝の状態が悪くなっているのではなく、隙間に詰まっていた⻭⽯がとれて、本来のお⼝の状態に戻っている証拠です。さらにケアをすることで歯茎がしっかり引き締まり、健康なお⼝になっていきます。

歯茎が引き締まった健康な歯

 

ご⾃⾝の健康な⻭を⻑く保つために、お⼝のことを少しずつ知り、プロのケアとセルフケアをしっかり継続していきましょう。

 

参考

特定⾮営利活動法⼈⽇本臨床⻭周病学会

https://www.jacp.net/perio/about/

 

APAGARD

https://www.apagard.com/column/knowledge/knowlege/10.html

 

一覧へ戻る