歯は削ると弱くなる?

歯は一度削ってしまうと、治療は出来ても元に戻すことは出来ません。虫歯を治療したから安心と思っていませんか?治療をしても、ケアをしなければ虫歯は何度でも繰り返してしまい、いずれは歯を失ってしまうことも。

今回は歯を削ることのリスクについてご紹介します。

 

歯が弱くなる

虫歯が大きくなると、歯を削る量が多くなります。虫歯が神経に達すると、神経を取らなければいけなくなります。神経を取ってしまうと歯に栄養分が供給されにくくなるため、弱くなってしまいます。

このようにならないためにも、まず悪くなる前に予防することが第一です。もし虫歯になってしまっても初期段階で早期発見し、フッ素入り歯磨き剤を使用したり、食生活などを管理すれば、歯の再石灰化(虫歯を修復する力)を促すことができるので、歯を削らずに済みます。

歯が弱くなる

 

二次カリエス(虫歯の再発)

歯を削って詰め物や被せ物などで修復した場合、一定の年数をこえると、修復物や接着剤の劣化などにより、詰め物と歯の境目にわずかなすき間ができる場合があります。そこに汚れが溜まりやすくなったり細菌が侵入して、虫歯が再発しやすくなります。

虫歯になった場所は、歯並びの影響で歯ブラシの毛先が届きにくい、磨き方の癖でよく磨き残しているなど、再び虫歯になりやすいところです。

二次カリエス(虫歯の再発)

二次カリエスは⼀度治療をした⻭をさらに削るため、初めての⾍⻭に比べて進⾏も速く、被せ物などの下で発見しにくく、気がついた時にはかなり進行していることもあります。

虫歯の再発を繰り返せば、最終的に歯を失ってしまいます。

 

歯を削る理由は虫歯だけではありません。歯を失ってしまった時に、ブリッジの被せ物にする場合は、左右の健康な歯を削ることもあります。また歯科医院によっては、審美治療で歯を白くする場合に、健康な歯を削って、白い歯の板を貼り付けるなどの治療もあります。

審美治療

それぞれの治療にメリット・デメリットはありますが、様々な治療を選択する要素として、歯を削ることのリスクも思い出してくださいね。

削った歯は今まで以上にしっかりケアをしてあげてください。

 

当院では、歯を削る量を必要最小限にして、できるだけご自身の歯を残す治療を行っております。

また、削らなくてもいいように、健康な歯を守る予防歯科に力を入れています。2~3ヶ月に1回のことなので、年間にしてもわずか数回です。長い目でみると、その方が治療回数も費用もかからずに済み、お口の健康を守ることができます。歯の健康診断、健康相談を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

一覧へ戻る