シーラントについて

シーラントとは、奥⻭や前⻭の溝をプラスチック樹脂の⼀種で埋めることによって、⾍⻭を予防する⽅法です。
フッ素塗布と並んで、⼦供の⻭の虫⻭予防のひとつとしてよく⾏われる処置です。
フッ素と併⽤することにより、⾍⻭予防効果がさらにアップするとも報告されています。
今回はシーラントについてご紹介します。

シーラントとは

乳⻭は弱く⾍⻭になりやすいうえに、乳⻭には細かな溝がたくさんあり、⾷べかすがたまりやすいです。
また、同じ永久⻭でもおとなと⼦供では差があり、⽣えたばかりの⻭は弱く、⾍⻭になりやすい傾向にあります。
シーラントは、これらの⻭の溝をあらかじめプラスチック樹脂で埋めることで、⾷べカスや汚れが溝に⼊らないようにして⾍⻭を予防します。

シーラント

シーラントの⼿順

まず、⻭の溝にたまっている汚れ(プラーク)を取り除きます。
次にシーラントを溝にくっつきやすくするために前処理のお薬を塗り、洗浄したら、よく乾燥させ、シーラントを溝に⼊れて、専⽤のライトで固めます。
最後に噛み合わせに問題がないかを確認をして終了です。
このとき、⻭そのものを削ったりすることはありません。

シーラントの注意事項

シーラントはあくまでも予防処置ですので、シーラントをしたからと⾔って、必ず⾍⻭にならないわけではありません。重要なのは、⽇頃の⻭磨きや⾷⽣活、⻭科医院での⻭の定期健診を受け、しっかりケアをし、⾍⻭の原因であるプラークを取り除くことです。

また、シーラントは永久的に歯の溝を埋めるものではありません。成長とともに取れたりすることもありますので、歯の定期健診などで確認してもらい、必要があればつけ治すなどの処置をしてもらいましょう。
当院でもシーラントの処置を⾏なっております。まずシーラントが有効であるかどうか、お⼝を確認させていただきます。
その他、ご質問や気になる⽅はお気軽にご相談ください。

お⼦様の⻭を守るためにはお⼦様だけでなく、⾷育や仕上げ磨き、⽇ごろからお⼝の様⼦を観察するなど、保護者の⽅の協⼒が必要です。
乳⻭は抜けて、⽣え変わるからと⾔って⾍⻭をそのままにしておくと、永久⻭にも影響が出てきます。
何か気になる症状がございましたら、お早めにご相談ください。

お子様の仕上げ磨き

参考
厚⽣労働省 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-011.html

一覧へ戻る