⻭茎の検査ってどんなことをするの︖

⻭科医院で初診や定期健診のときに、はじめに「⻭茎の検査しますね」と声をかけられたことがあるけど、いったいどんな検査をしているのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えします。

⻭茎の検査で使う主な道具


① プローブ

プローブと呼ばれる先が細い器具を⻭と⻭茎のすき間に差し込み、すき間の深さを測ります。器具の先には⽬盛りが付いています。

 

② ⻭周組織検査表

⻭周組織検査表は、⻭と⻭茎の隙間の深さ、出⾎の有無、⻭のぐらつきなど検査した内容を書き込みます。⽤紙は医院によってさまざまな形式のものがあります。

 

検査の⽅法


プローブで⻭と⻭茎の隙間の⼊り⼝から底までの⻑さを図ります。ちょっとチクチクすることがあります。

 

⻭茎の検査は1本の⻭に対し、ぐるり4か所(または6か所)検査します。

ピンセットで⻭のぐらつきがないかを調べます。

⻭と⻭茎の隙間の深さだけでなく、⻭⽯や⻭垢、炎症や出⾎が無いかなどお⼝の状態を確認しています。

また、患者さんからヒアリングで、特に気になった部分があれば細かく調べます。

 

⻭茎の検査からわかること


⻭と⻭茎の隙間深さから以下の様な事がわかります。
● 1〜2mm程度︓⻭茎は健康な状態です。
● 2〜3mm程度︓⻭と⻭茎の間に汚れが溜まって、⻭周炎が起こっています。
● 3〜5mm程度︓⻭茎の炎症がひどくなり、⻭周病菌が侵⼊する。軽度の⻭周 病になります。
● 4〜7mm︓⻭茎の炎症がさらにひどくなり、⻭がぐらつき始めます。
● 6mm以上︓⻭を⽀えている⾻が溶けて、⻭がぐらぐらになります。

これらの状態により、今後の処置や患者さん⼀⼈⼀⼈に合ったケアの⽅法をご説明します。また、健診の記録を定期的に残すことによって、どれぐらい改善されているか、維持できているかなど確認することができます。

今回は⻭ 茎の検査についてご紹介しましたが、⻭の定期健診ではこの他にむし⻭やお⼝の粘膜のチェック、PMTC、ブラッシング指導などを⾏います。
過去のお⼝の⾖知識「⻭科定期健診について」でもご紹介しておりますので、気になった⽅はチェックしてみてください。

参考
テーマパーク8020  https://www.jda.or.jp/park/trouble/index_05.html
公益財団法⼈ ライオン⻭科衛⽣研究所  https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/02.htm

一覧へ戻る