⻭ブラシだけじゃないケアアイテム -デンタルフロス-

前回はプロケア(歯科定期健診)についてご紹介しましたが、セルフケアをするにあたり、⻭磨きだけでは落としきれない汚れは、どのようにすれば良いのでしょうか。
今回は、⻭と⻭の間の汚れを落とすのにオススメのデンタルフロスについてご紹介いたします。

デンタルフロスとは


デンタルフロスは、ナイロンやポイエステルなど弾⼒性のある細い繊維からできており、⻭ブラシだけでは落としにくい⻭と⻭の間の汚れを落とすときに使います。⻭磨きの後、フロスを使うことにより⻭⽯(プラーク)の除去率が約20%アップします。

デンタルフロスの使い⽅


フロスは約40cmの⻑さに切る。指先から肘までの⻑さが⽬安です。

中指に2〜3回巻き付ける。両⼿の間隔が10〜15cmぐらいの⻑さにする。

親指と⼈差し指で⽷をつまんで、指の間隔は1〜2cmを⽬安にして、ピンと張った状態にします。

フロスを⻭に沿わせて、前後にゆっくりと動かしながら通します。⼒任せにフロスを通すと、⻭茎を傷つける恐れがありますので、注意してください。
⻭と⻭茎の境⽬も1〜2ミリの浅い溝がありますので、フロスを⼊れすぎないようにしながら丁寧に通しましょう。⻭ブラシだけでは汚れを落としにくい奥⻭からケアすることがポイントです。

次の⻭と⻭の間にフロスを通すときは、使⽤した部分を巻き取って、新しい部分を使いましょう。

フロスの後はうがいをしてください。少なくとも1⽇1回⻭磨きの後に使⽤するのが良いでしょう。⽷巻タイプのフロスが難しい場合は、ホルダータイプのフロスを使⽤してみてはいかがでしょうか。初めての⽅でも使いやすいので、続けやすいかと思います。

フロスを使うときの注意


● 使い⽅がわからない、うまくできない場合は、⻭科医院で相談してください。
● 必ず鏡を⾒て確認しながらフロスを使⽤してください。
● フロスが⼊りにくかったり、詰め物などに引っかかる部分は、無理にフロスを使わないようにしましょう。
● ⻭茎から⾎が出ることがありますが、⻭茎に炎症がある場合などに起こることがあります。正しいケアを続けることで⻭茎が引き締まり、出⾎がなくなります。出⾎が続いたり、痛みがある場合は⻭医者さんで相談してください。
● お⼦さんがフロスをするときは、保護者の⽅が⼿伝ってあげましょう。

⻭磨きのポイントに関しては、過去の記事「⻭と⼝の健康習慣」に記載していますのでご参考にしてみてください。
次回は⻭間ブラシについてご紹介いたします。

参考
テーマパーク8020 http://www.jda.or.jp/park/prevent/index08_04.html
Lidia https://lidea.today/articles/463
SUNSTAR http://jp.sunstar.com/useful/usage/interdentalbrush/

一覧へ戻る